YouTube広告で熱狂的なファンを増やす方法

投稿日: カテゴリー: WEB集客

初期のYouTube集客は視聴数が伸びない


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのパッチです。
今回は、YouTube広告を使って見込み客・長期的にお付き合いできるファンを増やしていく方法、こういったところをお伝えしていきたいと思います。


経営者さんでしたら、YouTubeを使って集客していくというのは、これからの時代はすごく有益な方法かなと思っています。
でもやっていく中で、特に最初の方は本当に視聴数が伸びないです。
その最初の段階をなんとか乗り越えて、だんだん集客をやりやすい状態にもっていくというのが、YouTube集客の特徴になります。
しかし、最初の段階で中々伸びずに挫折してしまう方すごく多いです。
では、挫折しないために、この最初の段階、「あまり視聴数や集客が伸びない段階をいかに短くしていくか」というところが、すごく重要なポイントになります。
そこで出てくる方法の1つが「YouTube広告を使って最初の段階を乗り切りましょう」というところです。

 

動画でご覧になる方はこちら


 

視聴数よりも「ファン獲得」がポイント


ただYouTube広告を使って闇雲に視聴数を増やすだけで意味がなくて、あくまで集客目的でYouTubeを使うわけですから、いかに「自分たちの会社を好きになってくれる見込み客を増やしていくか」という視点で、YouTube広告を出していくというところが重要なポイントになります。
なので、今回はそういったYouTube広告の使い方をするためにどういったところを意識すればいいのかというお話をしていきたいと思います。


まず結論ですが、とにかくもう再生回数・視聴数を気にしないというところが、すごく重要なポイントになります。
ポイントは3つ、
・自分の意思
・ペルソナ
・コンテンツ
です。
これ1つずつを詳しく説明していきたいと思います。

 

 

インストリーム広告はファン獲得に不向き


まずインストリーム広告という話なのですが、これ何かといいますと、よくYouTubeで何かの動画を見ようと思った時、動画が再生される前に広告が勝手に流れる。
そういった経験を持っている方すごく多いと思うのですが、動画の視聴前に勝手に流れる広告というのをインストリーム広告と言います。
なので、「何秒後にスキップできます」とか、そういった表示が出てきたりするわけですが、これはテレビで言うところのCMにかなり近いイメージです。
要は、「見たい広告・見たくもない広告の両パターンを含めて、こちらの意思に関わらず勝手に広告が流れる」というイメージになります。
なので、ある程度大きな予算を持っている会社とかで、ファンを作るというより「とにかく認知度を広げたい」とか、そういった目的で使うんだったらインストリーム広告はすごくいいと思うのです。
ただ一方で、その動画を見ようとしている人の意思に関係なく勝手にその広告を見せるという形になるので、視聴回数・再生回数というのは当然増えてくるわけなのですが、そこから自分たちの会社のファンになってくれるかどうかはかなり怪しいところなのです。
なので、そういった視点で考えると、あまりインストリーム広告はおすすめではないかなと、そういう風に考えています。

 

ファン獲得にはインディスプレイ広告がオススメ


次に、インディスプレイ広告というのは、動画の再生前に勝手に流れる広告じゃなくて、関連動画の一部分に黄色く「広告」と出てくるものがありますが、これをインディスプレイ広告と言います。
これは、クリックされたら動画の再生画面に飛ぶという仕組みになってきます。
なので、関連動画と同じイメージですよね。
関連動画は「これ興味あるな」と思ったら、それをクリックして動画を見るという感じなのですが、インディスプレイ広告も広告なので当然お金を払うのですが、「これ興味あるな」と思ってもらって、その後クリックしてもらって、動画を見せるという流れです。
なので、インストリーム広告とインディスプレイ広告の大きな違いとしては、インディスプレイ広告というのは勝手に動画を流すわけではなく、あくまでYouTubeのユーザーさんが自分の意思で「この動画を見たい」と思って、自分の意志でクリックして、それで初めて動画が再生されるわけなのです。
なので、動画が再生される段階では、かなりユーザーの温度感が違うわけです。
つまり、インストリーム広告は勝手に流す広告なので、当然視聴回数は増えます。
インディスプレイ広告は、逆に視聴回数は増えにくいというところはあるのですが、一方で温度感の高い人の視聴を稼ぐことができるので、圧倒的にインディスプレイ広告の方が長期的なファンになってくれる。
そういった見込み客を増やしやすい、そういったポイントがあります。
なので、余計なお金を使わずに、認知度を広げるのではなく「ファンを作りたい」という形で運用したいのであれば、インディスプレイ広告を活用するというところがポイントになります。

 

コンテンツが充実していないと何をやっても成果は出ない


とはいえ、そもそも広告で使っている動画もそうですし、あるいはYouTubeチャンネルの中に投稿している動画もそうなのですが、そもそものコンテンツが数・質ともに充実していないと、そもそもファンになってくれないというところがあります。
広告もちゃんと活用はするのですが、コンテンツの数と質というところをちゃんと上げていく。
ここは当たり前の話ではありますが、すごく重要なポイントになります。


なので、ポイントをまとめると、
・勝手に広告を流すわけではなく、自分の意思で広告を見てもらう。
・自分が狙っているペルソナ・見込み客に対して、その人たちが「いいな」と思うようなコンテンツをちゃんと継続的に発信していく。
・そういったコンテンツの継続的な発信と、インディスプレイ広告の2つを活用することによって、長期的なファンを作れる。
そういったイメージになります。


なので、あまり再生回数を気にしすぎると、どうしてもインストリーム広告を選びがちですが、そうではなく再生回数は気にせずに淡々とインディスプレイ広告とコンテンツの充実の2つを掛け合わせていけばいいのではないかなと思います。


そして、もし
・実際にYouTube広告をどうやって掲載すればいいのか?
・どんなコンテンツを投稿すればいいのか?
というところでご相談があれば、お問い合わせ頂ければお返事差し上げたいと思いますので、もしご興味あればよろしくお願いします。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/wsd/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です