7歳が年収25億!YouTube集客が必要な3つの理由

投稿日: カテゴリー: WEB集客

7歳のYouTuberが年収25億


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は「7歳が年収25億!YouTube集客が必要な3つの理由」、このようなテーマでお話ししていきたいと思います。


私自身も最近YouTube集客に力を入れているのですが、今YouTube集客を実践していない方、あるいは今後も実践する気が無い方というのは、正直な話、危機感を持った方がいいかなと思います。
というのも、YouTubeの世界ってどれくらい可能性があるのかという話ですが、例えば今世界で一番稼いでいるYouTuberは7歳のお子さんですが、その子は年収25億円を稼いでいます。
このデータだけでも直感的に「YouTubeはすごそうだな」というのはおわかり頂けると思います。

 

動画でご覧になる方はこちら


 

YouTube集客を今すぐ始めよう!


今日お話したい結論をまずお伝えしますと、YouTubeはやったほうがいい・やらない方がいいとか、もうそういう次元の話じゃなくて、「やるべき!」、それぐらい今後重要な集客方法です。
なので、今日は「YouTube集客が必要な理由」というのを、詳しく説明していきたいと思います。


ポイントは3つ、
・見込み客
・競合
・人柄
です。
これ1つずつ詳しく説明していきます。

 

 

ビジネスは少数派が勝つ!


実は、「30代の親世代が子どもになって欲しくない職業ランキング」というアンケート結果があります。
それによると、子供になって欲しくない職業のダントツ1位が「YouTuber」です。
1位が大体59%ぐらいで、ちなみに2位が営業マンでこれが11%ぐらいです。
なので、2位と5倍以上の差をつけて、圧倒的1位が「YouTuber」という形です。
これは何が言いたいのか言うと、要するに「少数派のことをやっていく」というのがビジネスの鉄板です。
つまり、「平均を目指す」「大多数と同じことをする」というのは、ビジネスの世界では成功できない訳です。
逆に、ほとんどの人が「YouTubeで顔を晒して情報発信をして欲しくない」と思っているということは、それに取り組むことによって、ビジネスでは上手くいきやすいのではないか。
そういった仮説が成り立つわけです。

 

見込み客は多い・競合は少ない


次に、「視聴VS発信」という話です。
YouTubeを使って何かしらの動画を視聴する人というのは大体68.7%ぐらいと言われている訳ですが、一方でYouTubeを使って動画を投稿する・情報を発信する人というのは、今3%ぐらいしかいません。
つまり68.7%の人が視聴している訳ですので、それだけどの業界でも見込み客が多い。
一方で、3%しか情報発信していないということは、逆に競合は少ない、こういったことが言えます。
見込み客が多いにも関わらず、競合が少ないというのは、圧倒的に集客しやすいというのがイメージつくと思うんですよね。
そこが2つ目のポイントですね。

 

伝わる情報量が多い


もう1つが情報量。
つまり、例えばブログやSNSで文章だけ書く、それと比較してYouTubeで伝わる情報量というのは圧倒的に多いです。
つまり、動画を介するので、音声もそうですし、あるいは動きがあり、あるいはちょっとした表情の変化とか、そういったものも含めて、見込み客に伝わる情報量というのが他の集客方法と比べて圧倒的に多いです。
なので、例えばブログとかだったら頑張っても画像を追加する程度で、ほとんどは文章だけで集客するような形になるので、そうすると技術的なことは伝わったとしても、「人柄」まではなかなか伝わらない訳です。
でも、動画を使うことによって、「人柄」の部分も伝わりやすくなります。
そうすると、要は見込み客の方というのは「技術的にこの人を信頼できる」だけじゃなくて、「人柄を信頼できる」と思って初めて購入する訳ですので、動画を介して人柄が伝わっているということは、それだけで「お問い合わせがある段階で、信頼関係がある程度出来上がっている」と。
だから、その後の成約率や客単価というのは上がりやすい、そういった特徴もある訳です。
なので、伝わる情報量が多い。
特に人柄までが伝わってしまうというところが、YouTubeの大きなメリットなんじゃないかなと思っています。

 

YouTube集客で成果を出す方法


なので、YouTubeを使って集客をすることによって、
・そもそも見込み客が多い
・にも関わらず競合が少ない
なので、集客しやすい状況があります。


さらに、
・人柄も含めて、たくさんの情報が伝わる
なので、すでに信頼関係ができあがっている優良な見込み客を集客できます。


そういったYouTubeだからこそ、7歳で年収25億円を稼いだり、それくらいの結果が出ているのだと思いますので、ぜひYouTubeというのを今すぐ取り組んで欲しいなとそういうふうに思っています。


あとは、そういったYouTubeの発信方法は、じゃあ具体的どうしていけばいいのか。
動画の内容・裏側のタグの設定など、そういったことをお聞きしたい方は、まずは無料WEBセミナーにご登録頂いて、その後に私にお問い合わせ頂ければ、そういった詳しいお話を個別にさせていただきます。
では今回は以上になります。ありがとうございました。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/mwsm/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です