WEBマーケティングで失敗する人の特徴トップ3

投稿日: カテゴリー: WEB集客


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は「WEB集客で失敗する人の特徴トップ3」というお話をやっていきたいと思います。


失敗している方、なかなかうまくいかない方っていうのを、理由をまず説明したいんですけども、ちょっと言葉きつくなるんですけども、結論、実はこの失敗している方ってあまりにも理由がしょぼすぎるんですよ。
なので「そこでつまずくかぁ…」みたいなところで、結構つまずいている方が多いんですよね。

 

 

具体的にはポイント3つありまして。
「行動量」と「競合調査」と「振り返り」これがポイントになってくるかな、と思います。
1つずつ具体的に説明していきますと、まず行動量の話なんですけども、そもそもやってないとか、私からするとやってるうちに入らないレベルの行動量、そういった方が圧倒的多数かなと思っています。
なので、例えばブログ集客やっていきましょうっていう話になった時に、じゃあ、1ヶ月後に打ち合わせした時に「ブログどれくらい記事書きましたか?」っていうところで、「1ヶ月の間に1つだけ投稿しました」とか。
で、「ブログ以外に何か集客とかで活動されていたことあるんですか?」っていうご質問を差し上げると、「いや、特に何もやっていません」みたいな、そういったお答えが返ってくるとか。
ちょっとこれは極端なんですけども、結構こういったかたちで、やっているうちに入らないレベルの行動量しか本当にやってない方ってすごく多くて。
さすがにそれで反響出すっていうのも、こっちからしても無理なわけなんですよね。
なので、一通り必要な行動量っていうのはちゃんとありますので、そこはぜひ守っていただきたいなと思っています。

 

 

なので、例えばブログですと、確かにブログにまず慣れるっていうところも必要になってくるので、最初は例えば1週間に1回ぐらいのペースで書いてブログに慣れつつ、まずは今までの既存の集客方法を強化するようなかたちで集客数増やしていきましょうよ。
そこでブログに慣れてくれば、徐々にブログを書く回数を増やして、後々集客の楽をできるような状態を作りましょうよ」みたいな。
そういったご提案を差し上げることはあるんですけども、どっちにしても、既存の集客方法を強化するというかたちで、行動量自体はやっぱりある程度必要になってくるので、どんな集客方法を選ぶにしても
ちゃんとそれなりの行動量をやっていくってそういったマインドセットがないと、いつまでたっても集客はできるようにならないので、ここはまず徹底して欲しいなと思っています。


2つ目、競合調査っていう話なんですけども、要は、調べないっていうところが結構大きくて。
WEB集客に限ってお話すると、もうそこらじゅうに答えっていうのは実は載っているんですよ。
例えばブログで反響を出すってなった時に、自分で1から10まで考えるんじゃなくて、例えばGoogleとかで検索して競合さんのブログっていうのを見ていくわけなんですよね。
そうすると、なにかキーワードを選んで検索して、検索結果画面の1位から3位ぐらいまでに表示された競合さんのブログを全部確認すると、「あ、こういう内容・こういう構成のブログを書いたらGoogleさんに好かれてGoogle検索で上位表示されやすくなって、それで反響はとりやすいんだな」と。
そういったのが、ちゃんと調べていると分かってくるわけなんですよね。
あとは、自分なりの視点で自分なりの言葉で、そういった内容とか構成でブログを書いていくというかたちになると、ネタを決めるのもすごく楽だし、反響が出やすいブログを書けるっていうところで、そういったかたちでどんどん競合調査をやっていくっていうところがすごくポイントなんですよ。
その調べるっていう作業を全然やってらっしゃらない方が多いなっていうところなんですよね。
なので、私から言わせるとネタに困るっていう状況もそもそもよくわからなくて、「いや、ネタなんかそこらへんにたくさん載っているんだから、そこからパクればいいじゃん」っていう話なんですよ。
なので、そういったかたちでネタに困っているっていう言い訳は本当に通用しないので、競合調査っていうところをちゃんとやっていただきたいなと思っています。


あとは3つ目、振り返りっていうところもすごく大切なんですけども、振り返らない方、すごく多いですね。
例えばブログとFacebookとYouTubeと、3つの集客方法をやっていった時に、必ずうまくいくもの、うまくいかないものっていうのが出てくるわけなんですよね。
で、うまくいったことは強化する。
うまくいかなかったことは止める、もしくはうまくいってない原因を突きとめてそこを改善してやってみるとか。
そういったかたちでやっていかないと、闇雲に継続していてもうまくはいかないわけなんですよね。
なので、この振り返りっていうところはすごく重要なポイントなんですよ。
でも、例えば振り返りやっていらっしゃらない方とかですと、ブログでうまくいっていないって話になった時に、「ブログにそもそもアクセスが集まっていないのか、それともアクセスはそこそこ集まっているけどもお問い合わせが来ていないのか、どっちですか?」っていう質問をすると全然答えられないとか。
そこは答えられたとしても、例えば「直帰率って今どれぐらいですか?」とか「滞在時間どれぐらいですか?」とか、「どういった内容を中心に書いていきましたか?」とか、いろいろ質問差し上げるんですけれども、そういった質問にまず答えらえない。
「ちょっとよくわからないです、うまくいく方法教えてください」みたいな。
それってさすがにこっちもきついわけなんですよね。
要は、事実ベースで振り返ってから、どこがうまくいってない原因なのかなって突きとめないことには、いいアドバイスも当然できないわけですし、ご自身で考えるにしてもいい改善方法っていうのもなかなか出てこないわけなんですよね。
なので、やっていくと、うまくいくこと・うまくいかないことっていうのは必ず出てくるので、振り返りっていうところは必ずやっていくようにしてください。
最低でも1ヶ月に1回ですし、もっというと週1とか、私だったらもう1日に1回とかやってるんですけども。
それぐらい、振り返りっていうのはすごく重要なポイントになってきます。


なので、今日の話まとめると、適切な行動量というのは必ずあるので、最低限それは必ずやってくださいというところ。
あとWEB集客に限ると、競合調査をすることでうまくいく方法というのはたくさん載っています。
調べればわかりますので、そこをぜひ徹底して欲しいなというところ。
あとは実際に行動していくと必ずうまくいくこと、うまくいかないことっていうのがあるので、振り返ってから改善方法を考えていく。
この3つを徹底してやっていくと、WEB集客で失敗するっていう状況がそもそも起こらないですので、必ずこの3つ、徹底して欲しいなと思っています。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/wsd/

 

最後に、今WEB集客を実践してなかなかうまくいっていないってそういう方がいらっしゃいましたら、もしよければ、今WEB集客診断っていうのをやっていますので、こちらにお申込みいただきたいなと思っています。
これは今あなたが実践しているWEB集客の最優先課題っていうのを洗い出して、その課題を改善するための道筋を立てます。
なので、診断を受けていただきますと新規客を増やすためにやるべきことが明確になりますので、もし興味があればお申込みいただきたいな、と思っています。
では、今回は以上になります。
ありがとうございました。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/7pft/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です