実践すべきWEBマーケティング法は時系列で考え決定する

投稿日: カテゴリー: WEB集客

WEB集客法の選び方で成果が変わる


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのパッチです。
今回は「実践すべきWEB集客法は時系列で考えて決定しよう」、このようなテーマでお話ししていきたいと思います。


一言で集客と言っても色んな方法があるわけです。
すると、私もよく「どのWEB集客法を選べばいいですか」という形でご質問頂くわけですが、これは結論をお話ししますと、「その人の状況によって選ぶべきWEB集客法というのは変わってくる」ので、「ヒアリングをちゃんとしないと、お答えできません」という感じなんですよね。
とはいえ、「WEB集客はいろんな方法がある中で、適当に選んでもいいんですか?」という話になると、それはそれで違って、どのWEB集客法を選べばいいのかというのは、ちゃんとプロセスがあるんですよ。
なので、今日は、そのプロセスは「時系列で考えてね」という話ですが、そのあたりを詳しくお話ししていきたいと思います。

 

動画でご覧になる方はこちら


 

「振り返り」がWEBマーケティングで成功する秘訣


まず結論は、WEB集客法をちゃんと適切なものを選ぶためにご自身の現状を振り返りましょう。
ここはすごく重要なポイントになります。
ポイントは3つ、
・早い&小さい
・遅い&大きい
・必須
です。
1つずつ詳しく説明していきます。

 

 

開業したばかり・利益が少ない経営者に最適なWEB集客法


まず1つ目は、「即効性」という話です。
例えば、開業したばかりの人、あるいは開業してそれなりに期間は立つけどそんなに利益が多くない人。
そういった場合は、できるだけ早い段階で利益を増やしたいというところなので、重要視すべきは「即効性があるかどうか」なんですよね。
なので、そんなにボロ勝ちができない方法でも即効性はある。
こういったWEB集客法を選ぶのが適切な段階、そういうイメージになります。
なので、例えばやり方はFacebookもいいですし、あとはちょっと予算を使えるのであればリスティング広告でもいいです。
あとは、人脈が広い・影響力を持った方のお力をお借りして集客する。
このあたりが、即効性が求められる段階では有益なWEB集客法になってくるかなと思います。

 

経営基盤がある経営者に最適なWEB集客法


次に、ある程度利益のベースができてきた段階。
つまり、ゆっくり時間をかけてボロ勝ちできるような仕組みを作れるようになった段階ですよね。
この段階に来ている人は、「集客資産を作っていきましょう」というお話をよくしています。
集客資産なので、ある程度コンテンツをどんどん蓄積していかないと、成果は出ないです。
なので、どうしても時間はかかるんですが、その代わり時間をかけてからちゃんと良いコンテンツを充実させれば、あとでボロ勝ちできる、そういった集客方法になります。
例えばブログをコツコツ書いていく。
あとはYouTubeもそうですよね。
明らかにこれらは集客資産の部類に入ります。
そして、実はインスタグラムを使った集客も、分類としては集客資産になります。
なので、この段階にいる人は、そういった集客方法を選べばいいんじゃないかなと思います。

 

地域密着型ビジネス・店舗を持つ経営者は必須のWEB集客法


最後は、MEO対策です。
これはどの段階にいる人がこの方法を選ぶべきとか、そういった時系列的な話ではなくて、「どの段階にいる人でも必ずやるべき方法がMEO対策」というイメージになります。
MEO対策というのは、Googleマイビジネスという無料のツールがあるので、そこにご自身の店舗の情報を登録することによって、Googleの検索結果画面に地図の情報が載るようになるんですよ。
それをMEO対策と言います。
例えば飲食店、美容室、整体ですよね。
そういった実店舗を経営しているところにはオススメです。
後は、士業とかいいですよね。
社労士さん、税理士さん。
そういったところは、MEO対策は必須になります。
というのも、例えばGoogleの検索結果画面には、今は主にリスティング広告の枠と通常のSEO対策の枠と、それ以外に地図の枠、MEO対策の枠というところが出てくるんですが、
Google自体が、このMEO対策の枠というところをどんどん充実させたいと思い、ここができるだけ目立つようにという形で、今は検索結果画面を表示させているわけです。
なので、このMEO対策をちゃんとやっているかどうかという所で、大きな機会損失が発生する可能性があります。
なので、店舗を持っている、地域限定でやっている、そういったところは、必ずMEO対策はやるべきだと思っています。
MEO対策に関して、具体的にどういう風に対策してればいけばいいのかという話は、お問い合わせいただければ詳細にご案内します。



→ https://webmc.jihong-park.com/lp/wsd/

 

適切なWEB集客法を選んでも失敗する理由


なので、今日のお話をまとめると、段階によって、あまり利益がないところでしたら「できるだけ早く成果が出るもの」「そんなにボロ勝ちしなくてもできるだけ早く成果が出るもの」、これを選ぶべきです。
逆に、ある程度利益のベースがあるところでしたら、「多少時間はかかっても良いのでボロ勝ちできる仕組みを作っていく」集客法が良いです。
最後に、そういった段階に関係なく、必ず皆さんがやるべきWEB集客法はやって下さいね。
そういった話になってきます。


簡単にまとめると、「とにかく今自分がどの段階にいるのかというところがまずは大切になってくる」ので、ご自身の現状を振り返って、どの段階にいるのかというところを適切には見極めて、その後にWEB集客法をどうするかをぜひ選んで頂ければなと思います。
では、こういったWEB集客法をご自身で選んでそれを実践していくのですが、とはいえ普通の実践のやり方ですと、どうしても自分とは相性が良くない見込み客も集客してしまうわけです。
そうすると色々とストレスがかかる。
成約率が下がる。
客単価が下がる。
そういったデメリットがあります。
じゃあ、どうやってWEB集客をやっていけば、自分の好みの見込み客だけを集客して、成約率・客単価を上げ、ストレスを溜めないのか。
そういったお話を下記でしていますので、もし興味あればそちらもご覧いただければなと思います。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/mwsm/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です