売れる経営者になるには?稼ぎたければこの3つをやれ!

投稿日: カテゴリー: WEB集客

安定成長に必要なポイント


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は、「売れる経営者になるには?稼ぎたければこの3つをやれ!」というテーマでお話していきたいと思います。


経営者さんであれば、「今よりも売り上げを上げたい」とか、目標を持たれていると思うんです。
そして実は、安定継続的に売り上げをアップしていくためには、
・捨てなければいけない考え方
・鍛えていかなければいけない技術
が存在しますが、多くの経営者はこれらの重要なポイントを押さえていません。
そこで今回は、売り上げを伸ばしていくために、どういった考え方を捨てなければいけないのか、あるいはどういった事を鍛えていけば良いのか、そういった話をしていきたいと思います。

 

動画でご覧になる方はこちら


 

商品が良くても売れない


まず、結論ですが、「脱・商品思考」が重要です。
つまり、「良い商品・サービスを扱っていれば、必ず売れる経営者になる」みたいな思考を捨ててください、という話になります。
確かに売りやすい商品・サービスっていうのはあって、そういったものを扱っていると優位に立てるっていうのは間違いないと思うんです。
ただ、良い商品・サービスを扱っていれば必ず売れる経営者になるのかって言ったら、そういうわけではないです。
その他に別のスキルっていうのは当然必要になってきます。
もっと言うと、特に商品・サービスにこだわりが強い方とかですと、例えばオリジナル商品とか作っちゃったりするんですけども、別にそれを否定するわけじゃないんですけども、オリジナル商品っていうのは世の中でニーズがあるかどうかっていうのは分からないわけなんです。
なので、今既にある商品・サービスで競合さんと勝負するよりも、オリジナル商品を作るっていう方がはるかにリスクとしては高いんです。
なので、そういった意味で商品・サービスに過度に依存するっていうのはすごく危ない話になります。


さらに付け加えると、そもそも自分が商品・サービスを持っていなかったとしても、実は売れる経営者になる事っていうのはできるんです。
例えば、他に商品・サービスを扱っている人がいるとしたら、その人の代わりにそれを売ってあげて、それで紹介料をいただくとかいった形でもビジネスは成り立ちますし、売れる経営者になる事はできるっていう話なんです。


なので、いろんな意味で脱・商品思考かなって思っています。
今回のポイントは3つ、
・セールス
・集客
・振り返る
です。

 

 

売れる経営者になる条件1:セールス


1つずつ説明しますと、まずセールスに関しては、いくら売れる良い商品・サービスを扱っていたとしても、それを売る力が無いと意味ないじゃないですか。
なので、当然売れる経営者になるためにはセールス力を鍛えるっていうところは避けて通れない話なんです。
ただ、1つご安心いただきたいのが、セールスっていう言葉を聞くと、例えば「飛び込み営業」とか「テレアポ」とかを思い出して、自分自身が嫌な気持ちになったり、あるいはそもそもセールスっていうのは「お客様を不幸にするものだ」っていうふうな印象・メンタルブロックっていうのをお持ちの方もいらっしゃいます。
しかし、実はセールスっていうのは本来そうじゃなくて、見込み客の方が何かしらの悩みを抱えていて、その悩みを解決できるご提案をするっていうのが本来のセールスなんです。
なので、そういった意味で考えるとセールスっていうのはむしろ「お客様を幸せにするものだ」、そういうふうに解釈もできるわけなんです。
なので、ぜひお客様を幸せにするために自分はセールスをしている、セールス力を鍛えている。
そういったメンタルでぜひ取り組んでほしいなと思っています。

 

売れる経営者になる条件2:集客


あとは集客なんですけども、要はいくら見込み客が集まりさえすれば商品・サービスを売る事ができたとしても、そもそも見込み客が集まらなければ意味がないわけなんです。
なので、そういった意味で集客力っていうのは当然必要になってきます。
例えば、地域限定とかでしたらリアルの集客だけでも良いと思いますし、あるいはそうじゃないっていうパターンでしたらWEBを使うと効率は良いかなと思っています。
WEBで集客していくためのいろんな要素はあるんですけども、特に重要なポイントは「情報発信力」です。
なので、いかに見込み客の方が、「おぉー!」って思うような情報を発信していけるかっていうところを、ぜひ鍛えてほしいなと思っています。

 

売れる経営者になる条件3:振り返る


あと3つ目。
意外とこれをやられている方が少ないなと思うんですけども、振り返るっていうのはすごく重要なポイントになります。
というのも、例えば1ヵ月の事を振り返るとしたら、そもそも今月何をやったのか、何ができなかったのか。
そういったところを振り返るっていうのもありますし、やりっぱなしにならないっていうメリットもあるわけなんです。
結局振り返りっていうのを定期的にやっておかないと、自分は何が上手くいって、何が上手くいかなかったのかわからないわけですし、何が原因でそういう状況になっているのかっていうところも振り返れないわけですし、そうすると次どういう行動をしていけば良いのかっていうのは正確にわからないわけなんです。
なので、振り返りっていうところをちゃんと取り入れる事によって、改善・実践っていうところを継続してできるようになるわけなんですけども、振り返りをやらないとずっと同じ事ばっかりしているとか、そもそも継続できないとか、そういうところに陥ってしまうんです。
そうすると当然成果っていうのは出て来ないわけじゃないですか。
なので、売れる経営者になるためには振り返りっていうのはすごく大切なポイントになります。


どれぐらいのスパンでやらないといけないのかっていう話なんですけども、最低でも1ヵ月に1回です。
もっと言うと、私なんかは毎日振り返りしています。
今日、こういうスケジュールでやろうと思って、実際どういうスケジュールで進んだのか。
そこで良かったポイント、改善点とか振り返ったりして、明日はこういう事やっていこうかなっていうところを最後まとめて終わる。
そういった事を毎日やっていますし、1ヵ月のスパンでもやっています。
それぐらい振り返る回数っていうのと売り上げっていうのは比例しますので、ぜひ振り返りっていうところを、やってないのであれば意識してほしいなと思います。

 

売れる経営者の3つの条件だけでは不十分


なので、「セールス」と「集客」と「振り返り」っていうところをちゃんとやっていく、スキルを鍛えていくっていうところをやっていけば、商品・サービスに過度に依存せずとも必然的に売れる経営者になっていきますので、ぜひそういった形で取り組んでいただければなと思います。
ただし、これだけでは不十分です。
というのも、そのままですと自分とは決して相性が良くない見込み客も引き寄せてしまい、
・成約率が下がる
・客単価が下がる
・対応にストレスを抱える
といった状況になります。
では、具体的にどういったやり方でWEBマーケティングをやっていけば、好みの見込み客だけを集客して成約率なり客単価なりをアップできるのかっていう話を下記URLでお話ししていますので、そちらも合わせてご覧ください。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/mwsm/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です