売れるランディングページ(LP)デザインは型が9割!

投稿日: カテゴリー: WEB集客

はじめに

どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は、「売れるランディングページ(LP)デザインは型が9割!」、このようなテーマでお話していきたいと思います。

あまりWEBマーケティングに詳しくない経営者さんから、「ランディングページを売れるようにするためにはどうすればいいですか」といったご質問はよくいただきます。
ですので、今回はそういったお話をしていきたいと思います。
 

動画でご覧になる方はこちら


 

LPは見栄え?ペライチ?

LPやホームページを作る時のよくある勘違いとして、例えば「デザインの見映えはやっぱり重要ですか?」、あるいは「LPを作るなら、やっぱりペライチが一番効果出やすいですか?」など、そういったご質問をいただきます。
しかし、結論からお話ししますと、これらはあまり関係ありません。
というのも、ペライチも良し悪しがありますし、デザインの見栄えについても「どんな経営状況なのか」によって、見栄えを良くした方がいいのか・別にこだわらなくてもいいのか、色々と変わってきます。
つまり、そういった話は全部枝葉の話で、本質ではないんです。
なので、今回は本質的なお話をしていきたいと思います。
 

新PASONAの法則とは?

まず、新PASONAの法則について、詳しくは神田昌典さんの書籍を読んで頂ければと思いますが、ざっくり説明すると下記のようになります。

最初に、見込み客の悩みを明確にします。
例えば、「こういったお悩みありませんか?」みたいに列挙します。
次に、その悩みについて共感します。
「その悩み、私も経験があるのですごくよくわかります」とか、「私もそういったご相談をよくいただくので、すごくよくわかります」など。
そういった形で共感して、次に「実はその悩みを解決する方法があるんですよ」という話をします。
そして、その解決方法についての詳細を説明していきます。
そして、その解決方法について、今申し込まなければいけない理由、例えば「期間限定ですよ」とか、そういった話をします。
最後に、アクションを起こしてもらう。
こういった流れになります。
 

LPは型が9割

そして、基本的にLPは「この型を守れているかどうか」なんです。
この型を守れていれば、よっぽど書いてる内容がダメじゃない限りは基本的には売れますし、型がいい加減であれば売れないです。

例えば、私のお客様でザクロジュースを通販で売っている方がいますが、この方はGoogle広告(リスティング広告)を使ってザクロジュースを売っています。
ですので、当然 LP も用意しているわけなんですが、私にご依頼があった時に、そのLPについて「これはダメだなー」って思ったんですよ。
なぜなら、型が守れていないので、「リスティング広告は当然継続しますが、まずはLPを変えませんか?」というご提案をしました。
リスティング広告のその他条件は変えずに、LPだけを変えてリスティング広告を出した結果、お申し込み率(コンバージョン率)がだいたい2倍ぐらい増えたんです。
なので、LP1本でも型を守っているかどうかで全然違いますので、ぜひこの事例のように型を意識してほしいなと思います。
 

事例

ちなみに私の場合は、最初からこの型を守って自分のLPを作っていますが、例えばWEB集客診断というお試しコンサルティングの募集用LPがあります。
これもずっと告知しているわけじゃないですが、定期的に告知をしていて、告知をすると必ず予定している上限枠まではお申し込みがあります。
こういった点からも、新PASONAの法則を守ってLPを作るかどうかがく重要なんじゃないかなと思っています。
 

結論


 
今日のポイントは3つです。
・デザインの見映えは基本的に関係ありません。
・ペライチで作っているかどうかも関係ありません。
・重要なのは型を守れているかどうかです。

なので、今日は新PASONAの法則をざっくりと説明しましたが、より詳細を知っていただくために、もし興味があればぜひ本を読んでいただいて、それに沿ってLPを作っていただければなと思っています。

そして、LPを活用して好みの見込み客だけを集客して成約率や客単価を上げる方法をお伝えしていますので、こちらも合わせてご覧ください。

→ https://webmc.jihong-park.com/lp/mwsm/
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です