普通のサラリーマンから成功する起業家になるための1つの心得

投稿日: カテゴリー: WEB集客


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は「成功する起業家の心得」、こういったテーマでお話していきたいと思います。


というのも、「馬鹿と天才は紙一重」みたいな、そういった言葉もあったりするんですけども、要は、普通の人だったとしてもちょっとしたきっかけでいきなりすごい成果を出したりとか、そういったことって結構あるわけなんですよね。
じゃあ、そういった「ちょっとしたきっかけってなんですか?」っていうお話を、今日はやっていきたいと思います。

 

 

今後、自分が成功するためにどうすればいいのかというところですね。
多くの方は自分の能力を上げるとか、あるいは有益な人脈を増やすとか、そういったところに走りがちなんですよね。
で、それ自体は全然否定しないんで、ぜひやってくださいというところなんですけども、一方でこの2つのやり方って弱点がありまして。
要は、例えば自分の能力を上げたりとか有益な人脈を増やしたりっていうところは、ある程度時間も労力もかかりますし、それなりにやっぱりエネルギーも使うわけなんですよね。
つまり、即効性がないうえにやり方としても簡単じゃないというところがあります。
で、今日お話する内容っていうのはもっと簡単な方法で、まぁ即効性も見込める考え方・やり方っていうところなのでぜひ参考にして欲しいなと思っています。


結論をお話しますと、環境を変えてしまうというところがすごく重要なポイントになります。
これポイント3つあります。
「退路を断つ」「成果報告」「融資」というこの3つを軸に、今日はお話していきたいと思います。

 

 

まず最初なんですけども、要はどんなに普通な人・才能がないって思っている人だったとしても、環境を変えてあげることによって、いきなりすごい成果を出して天才扱いされるっていうことは結構よくあります。
例えば、受験生なんかすごくわかりやすいと思うんですけども、全然学校で勉強できなかった子が、今後の将来のために、例えばいい大学に入りたいということで、予備校に通い始めましたと。
要は環境を変えたということですよね。
それによって、成績がぐんぐん上がって難関大学に合格することができましたとか、そういった事例って例えばよくあるじゃないですか。
そういったかたちで、環境を変えることによって普通の人が急に天才になるっていうところは普通にあります。
例えばもっと小さい頃でいくと、将来プロ野球選手になりたいというのを目指している小学生が、普通に自分で練習しててもなかなかうまくならないからというところで、どこかの少年野球のチームに入って、それで、決められた時間に練習してグングン上手くなったとか、そういったことも普通にあるわけなんですよね。
なので、環境を変えるっていうのはすごく成果としては見込みやすいやり方なんですけども、なんか経営をしていく、起業をしていくってなった場合に、この環境を変えるっていう発想がなかなか思いつかない方、結構いらっしゃるなって、そういうふうに思っています。


例えば私個人の事例としても、私、高校までは成績で1位になったことって1回もなかったんですよ。
そういった人間が大学に入ったときに勉強せざるをえない環境っていうのを自分で作ったんですよ。
例えば、授業を受ける時は必ず1番前のど真ん中に座るとか。
あるいはテスト勉強の時に自分1人だったらダラダラしちゃうので、友達を巻き込んでから、この日のこの時間に待ち合わせしてその日の何時まで一緒に勉強するとか。
そういったかたちで決めてしまって、もう行かざるをえない、勉強せざるをえない環境っていうのを自分で作ったわけなんですよね。
そうすることによって、結構ダラダラ癖がある私でも勉強をちゃんとするようになって。
そういう環境が整って、大学に関しては4年連続成績1位で首席卒業することができたっていう話なんですよ。
なので、大学の成績とかをプロフィールとかで紹介すると、やっぱり「すごいなー」とか「それなりの才能があるんじゃないか」ってそういうふうに言われがちなんですけども、実は才能とかそういうの関係なく、もうやらざるをえない環境を作ってしまった。
なので、高校までとは違う環境にした、まぁ環境を変えたっていうところが、成果が出た1番大きなポイントなんですよね。
なので、まぁそういった事例もありますので、環境を変えるっていうのは本当に経営者にとってもいいんじゃないかなと思っています。


具体的にどういうふうに環境を変えていくのかって話なんですけども、まぁいろいろあるんですけど、例えば3つご紹介したいなと思っていまして。
私の場合ですと、元々サラリーマンの時から副業として今のビジネスちょこちょこっとやってたんですけども、やっぱりサラリーマンの仕事がどうしても優先になっちゃうので、副業の仕事って全然進まなくて、そこでもう全然成果っていうのは出てなかったんですよね。
なのでどうしたのかというと、もう売上ゼロ・お客様ゼロの状態で、会社辞めちゃったんですよ。
要は、独立して副業の方を本業として、それ1本でやっていくってかたちで、退路を断ってしまったわけなんですよね。
そうすると一時的に収入がなくなったんですけども、もうやらざるをえない環境になったので、そこで元々副業としていた今のビジネスっていうところがどんどん加速していったと、そういった状況があります。
あとは、これ結構おすすめなのが自分にとっての良きメンターっていう人を見つけて、その人に成果報告をするっていう、そういう環境を作ると良いかなと思っていまして。
なぜかと言いますと、良きメンターを見つけてからその人に毎回報告するというやり方をしていると、要は報告をするっていうのは行動ありきなんですよね。
つまり、何か実践していないと報告ができないので、必ず行動をするようになるっていうところが、これが1ついいところです。
で、あとは報告をしているとそれについてのお返事があるので、良い点は当然褒められるし、改善点については淡々と教えていただけるというところで、それ自体がモチベーションになるっていうところと、そのフィードバックがあることによって自分で改善点を考えるよりも、よりその改善点の精度が上がるというか。
つまりPDCAサイクルが高速になって、要は効率化されるので、メンターに成果報告をするっていう、そういった環境を整えると、ビジネスとしてはすごく成功しやすい環境になります。
あともうひとつは、例えば融資を受けるっていうのもおもしろいなと思っていて、要は、融資って借金なので、この借金をどうにかしていくためにもビジネスは加速させるしかないわけなんですよね。
なので、そういったところでビジネスを加速させざるをえない、そういった環境を作るというか、そういった意味で融資を受けておくというところも、1つおすすめのやり方かなと思っています。


この3つだけじゃないんですけども、例えば退路を断ってやらざるをえない環境を作るというイメージですね。
サラリーマンをやっている方だったら、もうサラリーマン自体をやめてしまって独立してしまうというところで、あとは良きメンターを見つけて成果報告をするとか融資を受けるとかですね。
こういったかたちで、今とは違う環境を整えるっていうのはすぐできるわけなんですよね。
そういったかたちで環境を変えてしまうと、もうやらざるをえないので、どんどん成功に近づいていくってそういう話になります。
なので、能力を上げるとか人脈を作るとかそういったことも大切なんですけども、それ以上に、今とは違う環境に身を置くっていうところもすごくおすすめですし、ぜひこういった視点を持ってほしいな、とそういうふうに思っています。


それで、もし今よりも集客を増やして売上アップっていうところを実現したいと、そういった環境をどういうふうに作っていけばいいですかって、そういったかたちでお悩みの方がいらっしゃいましたら、もし興味があればぜひWEB集客診断にお申込みいただきたいなと思っています。
これは、要はWEB集客とか従業員さんの教育ですよね。
つまり、従業員さんの自主性を今よりも増やして、従業員さんに集客活動をご協力いただけるような、そういう環境を作りつつ、WEB集客を使って新規集客を増やし、売上をアップしていくと。
そういったところを実現していくために、今の最優先課題を洗い出して、その課題改善の道筋を立てると。これがWEB集客診断になります。
なので、WEB集客診断を受けていただくと新規客を増やすためにやるべきことが明確になりますので
もし興味があればお申込みいただければなと思っています。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/wsd/

 

で、あともう1つありまして。
この動画を見てくださっている方に、私のことをより詳しく知っていただくために1つプレゼントがありまして。
これは、告知から1日でキャンセル待ちになったセミナーの録画がありますので、こちらをプレゼントしたいなと思っています。
これ見ていただくと、WEB集客で着実に利益アップするための考え方っていうところが手に入りますので、もし興味があれば、こちらも受け取っていただきたいなとそういうふうに思っています。
では、今回は以上になります。
ありがとうございました。


→ http://mmg.jihong-park.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=dental&MagazineID=10&MoreItem=1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です