素人経営者でもSEO順位を上げられるブログ記事の書き方

投稿日: カテゴリー: WEB集客

はじめに

どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は「素人経営者でもSEO順位を上げられるブログ記事の書き方」、このようなテーマでお話していきたいと思います。

ブログを使って集客しようとされている経営者さんだったらわかると思いますが、そもそもブログをいくらたくさん書いたとしても、GoogleやYahoo!のような検索エンジンで検索されたときに、自分のブログが上位に表示されていなければなかなかブログから集客することって難しいわけなんですよね。
なので、どういうふうなブログの作り方をしていけば、GoogleやYahoo!で検索されたときに上位に自分のブログを表示できるのか、そういうお話を今日はしていきたいと思います。
 

動画でご覧になる方はこちら


 

ブログ集客に専門知識はいらない

結論、実はGoogleやYahoo!で上位表示させるっていうのは、専門用語でSEOとか言ったりするんですけれども、このSEOっていろんなテクニックが書いている本がたくさん発売されていて、「専門知識がないとSEOで上位表示することってできないんじゃないか」と思われている方すごく多いんですね。
確かに、そういった細々したこともやっていった方がいいのはいいんですけども、それって結構枝葉の話で、実は専門知識ゼロでもOK。
つまり、専門知識がなくてもブログ集客で成果を出すことができます。

ポイント3つ、
・答えを探す
・パクる
・繰り返す
です。
 

 

1つ目:キーワード

まず1つ目、キーワード。
ブログ集客でどのキーワードを狙っていくか、どのキーワードで検索されたときに自分のブログを上位表示させるか、これをまず考えるっていうことがすごく大切なポイントになります。
で、やり方としてはまず自分のお客様を頭の中で描いて、そのお客様がどういうキーワードを使ってGoogleやYahoo!で検索して、自分が扱っているような商品を買おうと思うのか、そこを想像するわけなんですよね。
で、そういった形でいくつかキーワード案を出すじゃないですか。
そうすると、今度そのいくつか出したキーワード案を実際にGoogleやYahoo!で検索してみるんですね。
そうすると、サジェストワードっていって、GoogleやYahoo!が「このキーワードで検索している人は他にもこういったキーワードで検索していますよ」、というのを、いくつか関連するキーワードを表示してくれるわけなんですよね。
で、その関連ワードは「それなりの検索数がないと表示されない」ものですので、その関連ワードで表示されているものも「そこそこ検索のニーズはある」という判断ができるんですよ。
なので、サジェストワードをさらにキーワード案として追加して、ブログを書いていくっていうのが手になってきます。

で、あとはグッドキーワードっていうツールがあるので、これを使って関連ワードを調べるていうのも手になります。

もう1つはですね、例えばYahoo!知恵袋とかのQ&Aのサイトがあるんですけども、そういったところでキーワードをイメージするっていうのも大切なポイントになります。
どういうことかと言いますと、例えば私がYouTubeの集客を誰かに教えるとして、そのターゲットがこれからYouTubeを始める人・まだYouTubeをやったことがない人だったとするじゃないですか。
そうした時に、例えばYouTubeで「サムネイル」っていう言葉があるんですけども、このサムネイルっていう言葉はですね、YouTubeで動画を1回でも投稿したことがある人は誰でも知っている言葉なんですよ。
でも一方で、YouTubeをこれから始めます・まだ1回もやったことがないですっていうパターンの場合は、サムネイルっていう言葉を知らない場合が多いんですよね。
そうすると、私の今のこの例ですと、これからYouTubeを始める人をターゲットにしているっていう設定ですので、サムネイルっていう言葉を使っちゃダメなんですよ。
要は、そういったターゲット層は、サムネイルっていう言葉を使ってキーワード検索なんかまぁ絶対しないだろうなって、そういう頭でいないといけないわけなんですよね。
これがですね、仮にYouTube集客を1回でもやったことがある人をターゲットにしているとすると、当然サムネイルって言葉を知っているわけですので、キーワード検索でもサムネイルっていう言葉を使う可能性は非常に高いわけです。
なので、そういったターゲット層に関しては、そういうキーワードを狙ってブログを書いていくっていうのが大切なポイントになってきます。
そういった「自分がターゲットにしている層がどういう言葉遣いをしているのか」っていうところは、例えばYahoo!知恵袋とかのQ&Aを見ると結構書いているわけなんですよね。
なので、「この人はこの言葉をこういうふうな表現の仕方するんだ。だったら、たぶんこういうキーワードを使うだろうな。」と、そういった形でキーワード案を出していく。
それが1つのポイントになります。
 

2つ目:他のブログをパクる

で、ある程度キーワード案が出てくると今度は実際にGoogleやYahoo!で検索してみてください。
そうするとですね、その検索結果画面の1位、2位、3位の3つをクリックするんですね。
そして、その1位から3位までのブログに書いてあるような内容を確認して、全て網羅する。
その上で自分がプラスアルファで提供できるような情報っていうのを追加して、それをわかりやすい形で記事として書いていく。
そうすると、「そもそも検索エンジンがどういう情報を求めているのか」っていうところで、検索エンジンが求めている情報をまず外すことがない。
なぜなら、1位から3位をパクっているからです。
なおかつ、自分のプラスアルファの情報を追加しているわけですので、検索エンジンを使うユーザーさんからしてもですね、今の1位から3位の情報よりも、あなたが書いたブログの情報の方がより親切で情報量が多い、そういった形になるので、そうするとユーザーさんからそういう評価を受ければ受けるほど、当然SEO順位としては上がってきて、この1位から3位を抜く可能性が高くなります。
なので、まずは1位から3位のブログの情報を網羅する。
パクってプラスアルファの情報を追加していく。
そういったことをやればいいんじゃないかなと思います。
 

3つ目:見出し力

で、あとは見出しですね。
タイトルなんですけども、要はいくらそのブログの記事でいい内容を書いていたとしても、タイトルがダメならそもそも読まれない、クリックされないんですよ。
例えば、アナログですと日経新聞とか、新聞を読む時にですね、どの記事を読むかっていうのは「見出しを見てから決める」じゃないですか。
毎日の新聞を1から10まで全部読む人っていなくて、見出しを見て「あー、この記事おもしろそうだな」って思ったものだけを読みますよね。
あるいは、例えば私みたいに、スマートフォンのニュースアプリを読む人だったら、それはそれでまたタイトルだけ見てから「この記事おもしろそうだな」っていうやつだけを選んで読みますよね。
ブログも全く同じで、見出しがダメだったら記事がよくても絶対に読まれない、つまりアクセスも集まらないです。
そうすると、GoogleやYahoo!からは「この記事ダメだなぁ」っていう評価を受けて、それで順位が上がらないという形になるので、この見出し力をつけるっていうのはすごく大切なポイントになります。
 

結論

まとめると、例えばグッドキーワードっていうツールを使ったり、Yahoo!知恵袋を見てみたり、あるいは実際にGoogleやYahoo!で検索して、とにかく答えはいろんなところにたくさん載っているので、その答えをそもそも探してください。
その上で、その出てきた答えをパクってしまう。
そうすると、1から10まで自分で全部考えてから作るよりも、はるかに精度がいいものを楽ちんで作ることができるので、そういった形でブログ記事を書いて欲しいです。
あとは、そのブログ記事の内容であったり、魅力的な見出しの付け方っていうのは、繰り返し自分で記事を書いていったり、他のいいなと思う記事を読んでみたり、そういった形で自然と身についてくるものなので、とにかくこのやり方で繰り返すっていうことが大事です。
この3つさえ守っておけば、専門知識ゼロでもブログ集客で成果を出すことはできるので、変に専門知識を覚えるために本読んだりとかせずに、とにかくこういった形で繰り返すっていうところを、ぜひ意識して欲しいなと思います。

それで、ブログ集客を活用して、どうやって好みの見込み客だけを集客して成約率や客単価を上げていけば良いのか、その方法をお伝えしていますのでこちらも合わせてご覧ください。

→ https://webmc.jihong-park.com/lp/mwsm/
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です