WEBマーケティングは5ステップで戦略を組む経営者が必ず勝つ!

投稿日: カテゴリー: WEB集客


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は「WEB集客の戦略の組み方」、このようなテーマでお話していきたいと思います。


これはWEB集客に限った話ではないんですけども、経営全般の課題ですよね。
例えば人を採用したりとか、あとはそのキャッシュフローをよくするためにどうすればいいかとか、集客も含めてそういった経営課題を解決していく時に、当然、経営者さんであったりスタッフさん自身が、何かしらの行動をとっていくっていうところが、すごく重要なポイントです。
ただ、闇雲に行動したって経営課題というのは解決されないですし、もっと言うと、その戦略がダメダメだったとしたら、失敗した原因もよくわからないから改善っていうこともできないわけなんですよね。
なので、さらに闇雲に行動しちゃってずっと失敗し続けるっていう、そういった状況に陥ってしまうんですよ。
なので、行動を起こす前にちゃんと戦略を組んでから、ある程度こういうことをすればこういうふうになるだろうっていう仮説を立てた上で行動し、そしてまた原因を分析し、改善していくと。
そういったステップを何回も何回も踏んでいく必要があるわけなんですよね。
なので、WEB集客においても事前に戦略を正しい方法でちゃんと組んでおくっていうところが、すごく重要なポイントになります。

 

 

で、こういった言い方をするとその戦略を組むのってなんかすごく大変そうとか難しそうとか、そういったイメージになるんですけども、実は戦略の組み方はすごく簡単ですし、ぶっちゃけ誰でもできます。
というのも、押さえるべきポイントがすごく少ないんですよ。
なので、その少ないポイントを押さえたうえで訓練さえしていけば、正直そんなに難しい話でもないので、そこはぜひご安心いただきたいなと思っています。


今日のお話、ポイント3つあります。
「5つのステップ」と「3つのチェックポイント」っていうところと、あとは「行動プラン」です。

 

 

これを1つずつ詳しく説明していきますと、まず5つのステップなんですけども、1番最初に、
「今解決したい集客の悩みってなんですか?」
「どういった悩みを良くしていきたいですか?」
とか、そういったところをまず洗い出します。


その悩みをはっきりさせたうえで、
「その悩みについて現状ってどうなっていますか?」
と、そういったところを洗い出していくわけなんですよね。
なので、例えばブログ書いているけども思ったほどの成果が出ていないって悩みを持っていたとすると、
「現状で今そのアクセス数がいくらになっていますか?」
「アクセス数に対してお問い合わせがいくらになっていますか?」
「直帰率が何%になっていますか?」
「滞在時間はどれぐらいになっていますか?」
そういった現状を確認していくわけなんですよね。


その上で、今の現状からどういった状態になれば理想なのかっていうところを次にはっきりさせます。
なので、アクセス数は例えば今の2倍になって、コンバージョン率を上げてお問い合わせ数に関しては3倍ぐらいにしたいですとか、そういったかたちで理想の状態というところをはっきりさせていくわけなんですよね。


次に、要は今の現状と理想的な状態との間にはギャップがあるわけなんですよね。
じゃあ、なんで今そういったギャップが生まれているのか?
「なぜ?」っていうところをはっきりさせる。
要は、そのギャップが生まれている原因ですよね、このあたりをいろいろ上げていきますと。


そうしていくと、原因がわかるとじゃあどういうふうに改善していけばいいのかっていうのがわかってくるので、最後に、じゃあこういう行動をとっていきましょうっていうところをはっきりさせていきますと。
なので「悩み」「現状」「理想」「なぜ」「行動」この5つのステップで考えながらステップを組んでいけばPDCAサイクルを回せるような戦略ができあがりますので、毎回戦略を組む時は必ずこのステップでやってください。


なので、実は私もコンサルする時っていうのはお客様にヒアリングする時って、お客様によって質問のやり方とかは変えているんですけども、基本的にはこの5つのステップに当てはめてから情報を聞きだしています。
そうすると、だいたいの戦略っていうのは見えてくるわけなんですけども、ただし注意ポイントがあって、お客様に教えていただいた情報だけでは不十分という時があるんですよ。


そこで出てくるのが3つのチェックポイントなんですけども、まず1つ目は「その悩みって本当に正しいですか?」っていうのがあります。
例えば私のお客様の事例ですと「タイピングのスピードを速くしたい」そういった悩みですね。
速くすることによって書ける記事の量が増えるから、今よりも集客数が増えるんじゃないかみたいな、そういった考え方のお客様だったんですけれども、これって今はぶっちゃけ音声入力とかもありますし、その音声入力自体も今後さらに精度も上がっていくと思うんですよね。
で、もっと言うとその音声入力のシステムの精度が今のところそんなに高くはないんですが、とはいえ、例えば音声データ10分以内のものを500円ぐらいで文字起こししてくれるような、フリーランサーの人とかもたくさんいらっしゃるわけなんですよね。
そう考えると、必ずしも自分がタイピングのスピードを上げなかったとしても、例えばそのブログ記事を量産したりとかメールを速く書いたりとか、そういったことってぶっちゃけ叶っていくわけですし、今後、時が経つにつれてどんどんそういった状況になっていくといのが予想されるわけなんですよね。
そうするとタイピングスピードを上げるために使う時間っていうのはすごくもったいないですし、しかも実務の中でそのタイピングスピード速くなるようにっていうのを意識してやっていけば、自然と速くなるわけですのでそこに時間使う必要ないですよね、みたいな。
そういったかたちでお話をさせていただきまして。
要は、お客様が持っている悩みって本当に解決すべき悩みなのか?っていうところが、本当はそれ以外にもっと重要な悩みってあるんじゃないですか?みたいな。
そういったことってよくあるので、今取り組むべき悩み・解題というのは、本当にそこなのか?っていうところを1つ目のチェックポイントにしています、と。


次2つ目なんですけども「なぜの深堀り」ですよね。
要は、現状と理想との間にギャップがあるわけなんですけれども、そのギャップが生まれている原因というのは必ずあるわけなんですよ。
その原因っていうのを考えていただくんですけども、本当にそのお客様が考えた原因を解決すれば、そのギャップって埋まるのか?っていう話なんですよ。
つまり、お客様があげてくれた原因を解決したところでギャップは埋まらないですよね?みたいな。
そういったことって多々あるわけなので、そういった場合に関しては、もっとなぜそのギャップが起こっているのか?というところを、ブレーンストーミング形式でどんどん洗い出していくっていうところをよくやっています。


最後に「行動の選択肢」なんですけども、「なぜ」その原因の部分がわかってくると、改善点っていうのは見えてくるわけなんですけども、お客様によってはどこを解決すればいいかわかったけども、自分がどういう行動をとったらいいのかというのがよくわからない。
なので、その行動の選択肢っていうのがあまり出てこないという時があるんですよね。
そういった場合は「例えばこういった選択肢もありますよ」とかっていうかたちで選択肢を広げてあげて、じゃあその中からどれを優先してやればよりギャップが埋まりそうなのかなぁというところで選んでいただく。
そういったかたちで選択肢を広げるっていうこともあります。
逆に、こういった行動もできるしこういった行動もできるしっていうかたちで、いろんな行動プランを思いつく方もいらっしゃるんですけども、行動っていうのは、いろいろ手を付け過ぎると結局どれも中途半端になって成果が出ないっていうかたちになるので、特に重要なポイント、3つ以内ぐらいに集中するっていうのがすごく大切なんですよね。
なので、そういった場合に関してはこれはそんなにギャップを埋めるためにインパクトないですよねっていう行動プランとかも、お客様の口からは出てくるわけですので、そういった行動プランに関しては、こちら側でうまく選択肢をなくしていくっていうところ、そういったこともよくやっています。


なので、この5つのステップと3つのチェックポイントっていうのを意識すれば、一応ご自身でPDCAサイクルを回すこともできますし、やればやるほど、訓練すればするほど精度っていうのも上がっていきますので、ぜひ経営者にこれからなりたい、または今経営者になっているっていう方は、この5つのステップと3つのチェックポイントっていうのを押さえて欲しいなと思っています。


とはいえ、特に起業したばかりの人とか、これまでそういったPDCAサイクルを回す習慣がなかったって人は、この戦略を正しく組んでいくというところで、結構うまくできるようになるまで時間がかかると思うんですよね。
で、その訓練している時間ってすごくもったいないわけですので、特にそういった戦略組みに自信がないのであれば、例えばメンターをつけるっていうのも1つの手かなと思っています。
要は、すでにこのギャップの埋め方をわかっている、どういう行動をすれば上手くいくのかというのがわかっているメンターっていう人を見つけて、その人にお金を払って、やり方っていうのを教えてもらう。
そうすると、成果を出すまでの時間が短縮されるので、圧倒的にコストパフォーマンスは良いです。
で、メンターに相談しながら自分でもこういった5つのステップとか3つのチェックポイント使ってPDCAサイクルを回すことによって、だんだんとメンターの力が必要なくなってくるので、その段階で卒業というかたちでやってもいいんじゃないかなと思います。
まだまだこの戦略の組み方に自信がないのであれば、メンターをつけるっていうのも1つの手かなと思いますし、メンター必要ないということであれば、今日お話したポイントを押さえてPDCAサイクルを回していただきたいなと思っています。
そうすると、WEB集客も当然うまくいきますし、WEB集客以外の経営課題っていうのもキャッシュフロー、人材採用とかですよね、そういったところも、このポイントを押さえればどんどんよくなっていきますので、ぜひこの点意識して経営活動取り組んでほしいな、と思っています。


今日の話は戦略の組み方っていうところをお話したんですけども、あなたの場合は、個別具体的に考えてどういう課題をこれから解決すれば今後新規集客が増えていくのかっていう話。
これに関して今日お話しなかったですので、もしそこに興味があれば、WEB集客診断っていうのを今やっていますので、こちらにお申込みいただければと思っています。
これは今あなたがやっているWEB集客の最優先課題というのを洗い出して、その課題改善の道筋を立てるっていうところをWEB集客診断でやります。
なので、診断を受けていただくと新規客を増やすためにやるべきことが明確になるというところが、ここでお手渡しすることになります。
なので、例えば私が以前ご相談いただいた方に関しては、例えば全国7つの地区でセミナーを開催して、累計で200人以上導入したっていう、そういった社会保険労務士の方がいらっしゃったり。
あとは、新規集客の数が2.3倍以上になった歯医者さんであったり。
あとは過去最高売上を達成したコンサルタントさんであったり。
そういった実績を残したきっかけになったのがWEB集客診断なので、もしそういった状況を自分も作りたいっていう方がいらっしゃれば、ぜひお申込みいただきたいなと思っています。
で、これはこの動画の説明欄とコメント欄にURL貼っていますので、そちらからお申込みいただければなと思います。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/wsd/

 

で、あともう1つありまして。
この動画を最後まで見てくださった方に、私のことをより詳しく知っていただくという意味も込めて1つプレゼントがあります。
これはWEBに弱い経営者さんでも実践できる7つの売上UP術っていう、7つの動画ですよね、こちらをぜひプレゼントしたいなと思っています。
これ今だけの限定特典で、以前私にご相談くださった方に60分コンサルをしたんですけども、その時の録画がありますので、こちらをプレゼントしたいなと思います。
この60分コンサルの録画に関しては、YouTube集客で売上UPする方法っていうのを、いろんなテクニックっていうところをお話していますので、もし興味があればぜひ受け取っていただきたいなと思います。
こちらも動画の説明欄とコメント欄にURLを貼っています。
では、今回は以上になります。
ありがとうございました。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/7pft/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です