私が1日で売上250万円を作ったYouTube集客術

投稿日: カテゴリー: WEB集客


どうもこんにちは。
WEB集客コンサルタントのぱっちです。
今回は「私が実践しているYouTube集客の方法」ですよね。
要はYouTube集客からどうやって売上を作っているのかって、そのあたりの話を公開していきたいと思います。
これYouTube集客でもよくある勘違いなんですけども、最初に結論をお話しますと、そもそも視聴数は少なくても大丈夫です。
視聴数とかチャンネル登録数が少なくても、全然売上を作っていくことは可能です。

 

 

例えば、私これ今2019年2月3日に動画を撮っているんですけども、現時点で2月に関してはフロントエンドを2件提供して、2件ともバックエンド成約していて、さらにフロントエンドの予定がまだ2件残っているって、そういった状態になります。
で、2月3日でこういった状態なのでまだまだ増えていくかなとは思っているんですけども、それだけYouTube集客っていうのは視聴数は関係ないのかなと思っています。
現実に私のチャンネル登録数って現時点で470名ぐらいいらっしゃるんですけども…。
いつもありがとうございます!
もっというと、視聴数に関しては動画にもよるんですけども、100に満たないものも結構あります。
なので、それぐらいの視聴数とかチャンネル登録数でも全然売上は作っていけるって話なんですけども、例えば、一般的なYouTuberさんって広告収入を作るにはこんな数じゃ全然足りないわけなんですけども、広告収入じゃなくて、「本業の集客」を目的としたYouTubeの使い方っていうところで意識すると、これぐらいの数でもいけるので、ぜひ本業の集客につなげるためのYouTubeの活用っていうところを実践していただけると、かなりいい状況を作れるんじゃないかなと思っています。


で、YouTube集客で上手くいくためのポイントって、私3つあるのかなと思っていまして。
具体的には「導線」と「狭く深く」っていうところと「広告」と。
この3つかなと思っています。

 

 

で、1つずつ詳しく説明していきますと、まずその「売上の導線」っていう話なんですけども、要は、そもそもYouTubeの動画が視聴された後から売上ができるまでの流れの部分ですよね。
ここを完璧に作っておいてくださいって、そういう話になります。
なので、例えばフロントエンドのお申し込みがあった後に、「バックエンドの成約を決められるだけのセールス力を身につける」であったりとか、
バックエンドの「客単価をできるだけ高い状態」にしたりとか、
あるいは、そもそも動画の視聴から「フロントエンドにお申込みいただくための設計」であったりとか、
そのあたりを完璧にしておかないと、いくらその視聴数とかチャンネル登録数が増えたとしても、売上っていうのは発生してこないわけなんですよ。
なので、その視聴数とかを増やすとかそういったところを意識する前に、セールス力であったり客単価であったりとか、このフロントエンドのお申し込みの導線であったりとか。
そのあたりをまずうまく作っておくといいんじゃないかなと思っています。


で、2つ目のポイント「狭く、深く」なんですけども、要は簡単に言うと、「ターゲットを絞れ」っていう話です。
なので、自分にとってのターゲットにならない人からはこの動画は一切見られなくてもいいやとか、もうそれぐらいの気持ちですよね。
もっと言うと、仮にそのターゲットじゃない人に動画を見られたとしても全然刺さらないような、そういった動画の内容でもいいやって、それぐらいの気持ちがいいんじゃないかなと思っています。
で、その代わり、自分にとってのターゲットがこの動画を見た時に、「あ、これは刺さるな。この人に1回相談してみたいな」って、そういうふうに思ってもらえるような内容にしておく。
そういったところがすごく重要なポイントです。
そうじゃないと、広く浅くとってしまうと、視聴数は増えるかもしれないんですけれども、結局、誰に対してどういったアクションをとってもらいたいのかっていうところが曖昧になってくるので、集客とか売上っていう面でいくと、かなり怪しくなってくるわけなんですよね。
なので、そういった形じゃなくて、狭く深く動画の内容を決めていくっていうところが、重要なポイントになります。


で、あとはそういったかたちで動画の内容を決めて、その後からこの売り上げを作る流れまでは完璧になったとしても、そもそもターゲットの方に動画を見ていただかないと意味がないわけなんですよね。
じゃあ、どうやって動画を見ていただくのかっていう話なんですけども、これもやり方はいろいろあるんですけども、ひとつの有効な手段として、私が使っているのはYouTube広告なんか結構いいんじゃないかなと思っています。
要は、そのYouTube広告も細かくターゲット設定っていうのができるので、自分にとってのその見込み客っていうところを狙って広告を出すことができるんですよね。
なので、意図的に自分のターゲットの視聴数を増やすことができるっていうところがあるので、そうすると、そういった方の視聴数が増えて売上がどんどんできていくって、そういったかたちになります。


なので、話をまとめると、そもそも視聴していただいた後の売上を作るための導線っていうところをちゃんと作ってください。
で、ターゲットにしかある意味刺さらないような、そういった動画の内容にしてください。
で、ターゲットの視聴数を増やすために、例えばYouTube広告を使ったりとか、そういったかたちで対応してください。
で、このあたりを押さえることによって、広告収入じゃなくて本業の集客・売上に繋げるっていうところを目的にYouTubeを活用したとすると、視聴数とかチャンネル登録数が少なかったとしても、全然売上っていうのは作っていけますので、ぜひYouTube集客っていうところをチャレンジするとかなりいい状況は作れるんじゃないかなと、そういうふうに思っています。


で、今回はYouTube集客の話をしたんですけども、WEB集客ってYouTube集客だけじゃなくて、他にもいろいろあるわけなんですよね。
で、あなたの場合はじゃあどういったWEB集客を実践していけばいいのか。
どういったところにWEB集客の課題があるのか、というところをはっきりさせて、あなたオリジナルの戦略を作っていく必要があるわけなんですよね。
そこで、今WEB集客診断っていうのをやっていまして、これはあなたが今実践しているWEB集客の最優先課題を洗い出してから、その改善の道筋を立てるっていうところをやっています。
で、これを受けていただくと、新規客を増やすためにやるべきことっていうところが明確になりますので、自分はどういった戦略を組んだらいいのかとか、自分はどういったことをやっていけばいいのかっていうところが知りたい方は、ぜひお申込みいただければなと思っています。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/wsd/

 

で、あともう1つあるんですけども、私のことを今日動画を見ていただいた方により詳しく知っていただくために1つプレゼントがありまして。
これは、告知から1日でキャンセル待ちになったセミナーの録画があるんですけども、そちらをプレゼントしたいなと思っています。
で、これ見ていただくと、WEB集客で着実に利益アップするための考え方っていうところが手に入るので、もし興味があればこちら手入れていただければなと思っています。
では、今回は以上になります。
ありがとうございました。


→ http://mmg.jihong-park.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=dental&MagazineID=10&MoreItem=1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です