2019年のWEBマーケティングはYouTubeを必ずやれ!

投稿日: カテゴリー: WEB集客

YouTubeに見込み客がますます集まる


こんにちは。
WEB集客コンサルタントのパッチです。
今回は、「2019年はYouTube集客をやっていきましょう」と、このようなテーマでお話ししていきたいと思います。
というのも、今後の動向というところが先読みしたイメージですが、要はGoogleさんが「今後はどうYouTubeを強化していきたいのだろうな」というところが分かってきているわけです。
その根拠については、今日はテーマではないので詳細は省きます。
とにかく、YouTubeが今後もますます強化されて伸びそうだなというイメージなのです。
そうすると、どういう状況が起こるのかと言いますと、YouTubeに今まで以上にどの業界も見込み客・ユーザーさんが集まってくるだろうなと、そういう予想が立つわけです。
なので、そういった観点から、YouTube集客を是非やってほしいなと思っているのですが、実は見込み客がただ多くなるだけじゃなくて、それ以外でもYouTube集客は色々とメリットがあるわけです。
そういったメリットから、「なぜ2019年はYouTube集客をやったほうがいいのか?」というところを、今日はお話ししていきたいと思います。

 

動画でご覧になる方はこちら


 

YouTube集客は先行者利益を得られる


結論は、今からYouTube集客を始めることによって、「先行者利益を得られる」のではないかなと、そういうふうに思っています。
ポイントは3つ、
・楽
・勝ちやすい
・人柄
です。
1つずつ詳しく説明していきます。

 

 

YouTube集客をやるべき理由1:ブログより楽


実は、YouTubeの投稿は、やってみるとわかるのですが、ブログよりもハードルは低いですし楽です。
YouTubeで投稿となると、例えば、
「どこかの貸し会議室を借りて、ホワイトボードや大きなモニターがあるところで綺麗に撮影しないといけない。」
「編集もヒカキンさんぐらいのレベルで、すごく手間暇をかけてやらなければいけない。」
そういったイメージがあるのですが、実は、私なんかもを全然そういうことをやっていません。
私は、事務所の自分のパソコンのカメラを使って、Zoomというテレビ電話の機能を使って画面共有でパワーポイントを見せて、自分の顔も見せて、Zoomのレコーディング機能を使って、動画を撮影しています。
こういった形で、別にそういった貸会議室とかを借りなくても、撮影はできます。
例えば有名なインフルエンサーのイケダハヤトさんなんか、もう顔出しすらせずに、ただただパワーポイントの資料を見せながら動画を撮っています。
なので、必ずしも手間暇をかける必要もないわけです。
編集作業も、内容は充実させる必要がありますが、編集で効果音とかテロップとか、そういったものを入れないといけないというわけでもないです。
なので、そういったところをどんどん省いていくと、実は、参入障壁としてはブログとほぼ同じくらいかなと思っています。
例えば私みたいに、こういったパワーポイントの画面を見せるわけではなくて、ビデオカメラやスマホのカメラで自撮りする形になると、多少初期費用はかかってきますが、せいぜい数万円というところです。
なので、YouTubeはそんなに参入障壁が高くないなと思っています。


あとは、実はブログよりも楽だな思っているのは、ブログの場合は
「この内容でいこうかな」
「この構成でいこうかな」
というのが決まった後に、それを実際に文章にしていかないといけないわけです。
なので、いくらタイピングが速い人だったとしても、文章にしていく手間暇はかかってくるわけです。
しかし、YouTubeで撮影する時は、「内容は大体こんな感じで…」と決めてしまえば、あとはそのまま撮影してしまえば終わりです。
なので、文章にしていく手間暇をYouTubeの場合は省けるので、実はブログよりも1つの投稿をするためにかける時間というのは少ないです。

 

YouTube集客をやるべき理由2:勝ちやすい


あとは、YouTubeに関しては、これ今後はもしかしたら変わってくるかもしれないですが、今のところ見込み客は凄く多いんですよ。
つまり、YouTubeを使って何かしらの動画を見ている方は凄く多いのですが、一方でYouTubeを使って情報発信をしているという人は凄く少ないです。
もちろん、「広告収入を目的とした一般的なYouTuberさん」みたいな人は今でも結構人数はいるのですが、一方で広告収入じゃなくて「本業で収益を上げたい」と、そういった集客目的でYouTubeを使っている人はまだまだ少ないです。
なので、見込み客が多いにもかかわらず競合が少ないというところ。
つまり、「凄く勝ちやすいですよ」というところが、YouTube集客の大きなメリットになります。

 

YouTube集客をやるべき理由3:信頼関係


あとは、信頼関係を事前に築きやすいというところもポイントです。
つまり、YouTubeの場合は伝わる情報量が凄く多いんですよ。
例えばブログだったら、基本的には文章だけで伝えたいことを伝えないといけないわけです。
そうすると、例えば私の場合ですと、結構尖った内容も話すので、それをブログだけでやろうとすると、内容は当然伝わりますし「専門的なスキルを持っているんだろうな」というところは伝わるのですが、例えばプロフィールに「大学を4年連続1位で首席卒業した」とかも書いてあったりするので、そういったところと連動して「この人は専門的スキルはあるけどちょっと近寄りがたい、相談しにくそうな人だな」と。
どうしても文章だけで情報発信してしまうと、私の場合はそういった印象になってしまうわけです。
でも実は、それでも勇気を振り絞ってお問い合わせしてくださった方からは、
「凄く相談しやすい人柄」
「こっちの話をよく聞いてくれる」
「エンドのクライアントさんの立場に立ってからアドバイスをしてくれる」
そういった声をよくいただきます。
これは当然ありがたい話ですが、逆に言うと、「お問い合わせがあって初めてそういうところに気づいてもらえた」というところなのです。
つまり、たまたまその人の場合は勇気を振り絞ってご相談くださったから良かったわけですが、中にはそういった人柄の部分が伝わらずに、「勇気を振り絞れずに結局ご縁がなかった」という方も当然いらっしゃるわけです。
それは私としてはやっぱり大きな機会損失なわけです。
そこが、文章だけで伝える限界ですが、YouTubeだったら当然音声も伝わります。
私の場合は顔出ししているので、表情の移り変わり方やそういった色んな情報も含めて伝わるので、「あ、この人だったら相談しやすそうだな」というところはブログとかで情報発信するよりも、事前に伝わりやすいわけです。
そうすると、WEB集客に関して何かしらの悩みがある方は、「じゃあ1回この人に相談してみようかなー」という形で、ブログよりもYouTubeの方がなりやすいわけなのです。
つまり、専門的なスキルだけじゃなくて「人柄」も含めて、事前に信頼関係を築きやすい。
だからお問い合わせも増えやすいし、その後の成約率や客単価も当然上がりやすいと。
そういった形になっていきます。

 

YouTube集客は戦略が大事


なので、まとめると、
・YouTubeでの投稿はハードルが高そうで低い
・勝ちやすい
・技術的なところだけじゃなくて、人柄も含めて信頼関係を築ける
主にこういった3つのメリットがあります。
だからYouTube集客をやったほうがいいですよという話です。
今の段階では、さっきもお話しした通り、競合さんは非常に少ないですので、今から始めることによって先行者利益を得られます。
是非、2019年はもうできれば1月から、YouTube集客にぜひチャレンジしていただければなと、そういう風に思っています。


あとは、単純にYouTubeも含めていろんな媒体で情報発信するわけですが、とはいえ戦略的に情報発信をしていかなければ、例えば「相性が良くない見込み客も引き寄せてしまって、客単価とか成約率が下がったり、その方への対応でストレスを溜める」など、そういったデメリットが発生してくるわけです。
では、どういう風な形で情報発信をしていけば、好みの見込み客だけを集めて、成約率・客単価を上げ、ストレスを溜めない、そういった理想的な状況が叶うのか。
そういった話を下記でしていますので、もし興味あれば是非ご覧いただければなと思います。


→ https://webmc.jihong-park.com/lp/mwsm/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です