歯科の一般的な集患方法が抱える7つの弱点

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

歯科業界で一般的によく使われている集患方法は8つあります。

80%以上の歯科がこれら8つの集患方法を選択していますが、実は、これらの集患方法を選ぶと“忙しいわりに儲かりにくい歯科”になってしまいます。

その理由は、これらの集患方法は致命的な《7つの弱点》を持っているからです。

今回は、『歯科の一般的な集患方法が抱える7つの弱点』について、お話します。

 

動画でご覧になる方はこちら

 

歯科業界で一般的によく使われている8つの集患方法

どうもこんにちは。

歯科医院経営の専門家、WEB集患に強いコンサルタントの朴智弘でございます。

 

今日から7回の動画に分けて、“自由診療の患者様を上積みして、労働時間を減らしつつ、利益をアップする方法”、こういったテーマでお話していきたいんですけども。

今回は、その第1回目ですね。

“歯科の一般的な集患方法が抱える7つの弱点”、こういったテーマでお話していきたいと思います。

 

それでですね、歯科業界で一般的によく使われている集患方法というのは、8つあります。

 

口コミ対策

具体的にはですね、1つ目が“口コミ対策”。

この“口コミ対策”をしていない歯科医院さんって、そんなに無いと思うんですけども、この“口コミ対策”が1つ目です。

 

立地条件

2つ目が“立地条件”ですね。

これは何なのかと言いますと、目立つ場所・人通りが多い場所。

こういった所にですね、歯科を建てて経営するという形で、集患する方法になります。

 

看板

3つ目の“看板”。

これは、立地と考え方が近いんですけども。

目立つ場所・人通りが多い場所に目立つ看板を作って、それで集患する方法になります。

 

チラシ

4つ目が“チラシを配る”パターンですね。

これは、たとえば「新聞の折り込みチラシ」。

あるいは、「ポスティング」。

後は、「自分で手配り」する方法ですね。

こういった形で、チラシを配って集患するという形になります。

 

内覧会

後は、“内覧会”ですね。

見込み患者様を集めて“内覧会”を開いて、認知度を広げることによって、集患するという方法になります。

 

ホームページ作成

これ以外にもですね、たとえばWEB集患周りですと。

最近は、とりあえず“ホームページくらいは最低限作っておこう”って、そういう歯科医院さんも増えてきています。

 

予約サイト

後は、“予約サイトへの登録”ですね。

 

  • EPARK歯科
  • エキテン歯科
  • エストドック

 

この辺りの“予約サイトに登録”して、集患するっていうパターンになります。

 

SNS

後は、“SNS”ですね。

 

  • Facebook
  • Twitter
  • インスタグラム
  • LINE@

 

この辺りの“SNSを活用”して、集患するっていうパターンも多くなってきています。

 

8つの集患方法の《落とし穴》

実はですね、80%以上の歯科では、今お話した8つの集患方法の内のいずれかを選択して集患しています。

 

実は、ここで1つ落とし穴があるんですけども。

と言うのもですね、8つの集患方法を選ぶことによって、“忙しいわりに儲かりにくい歯科”になってしまいます。

 

じゃあ、何でこの8つの集患方法には、こういった落とし穴があるのかっていう話なんですけども。

 

8つの集患方法が持つ《7つの弱点》とは

実は、これらの集患方法にはですね、“7つの弱点”というのが存在するんですね。

じゃあ、この「“7つの弱点”って何ですか?」っていう話を今からしていきたいと思います。

 

弱点1:自由診療の見込み患者様の来院数が減る

1つ目がですね、実は、この8つの集患方法ですと、“自由診療の見込み患者様の来院数が減る”んですよ。

そうすると、どうなるのかと言いますと。

 

弱点2:自由診療のクロージング率が落ちる

当然ですね、「保険の範囲内で収めたい」って、そう思って来院されている方が大多数を占める訳ですので。

そういった方たちにですね、いくらカウンセリングを頑張っても、なかなか自由診療って決まらないじゃないですか。

そうすると、当然“自由診療のクロージング率が落ちますよね”っていう形になります。

 

弱点3:自費率が下がる

“クロージング率が落ちる”と、どうなるのかと言いますと。

当然ですけれども、“自費率が下がってきますよね”って形になります。

 

弱点4:客単価が低くなる

“自費率が下がる”ってことは、「保険診療をしたい」っていう患者様が多い訳です。

仮に自由診療で決まったとしても、元々が保険のつもりで来ている患者様なので、「できるだけ安い料金で自由診療を受けたい」って、そういうニーズがある訳じゃないですか。

なので、“客単価っていうのも低くなってきますよ”って、そういう形になります。

 

弱点5:利益が少なくなる

“客単価が低くなる”とどうなるのか。

当たり前なんですけども、“利益が少なくなってしまいます”よね。

 

弱点6:長時間労働になる

それでですね、この“利益が少ない”っていう状況。

要するに、“あんまり儲かっていない”っていう状況を改善していくためにですね、ほとんどの歯科医院ではどういった対策をとるのかと言いますと。

最初にお話した、8つの集患方法。

これを更に強化して、“新患数を増やすことによって、利益をアップしたいですね”って、そこを目指される方が非常に多いんですよね。

 

そうすると、どうなるのかと言いますと。

新患数はもちろん増えるんですけども、新患数が増えた分だけ忙しくなる訳ですので、当然“長時間労働になってきますよね”って形になります。

 

弱点7:従業員満足度・患者様満足度が落ちる

ここで1つ、注意ポイントなんですけども。

新患数が増えたからと言って、別に「自費率の低さ」や「客単価の低さ」が改善されている訳じゃないですよね。

もっと言うと、忙しくなった分だけ、人件費なり、いろんな経費が増えてきます。

ですので、実は、新患数が増えてもそこまで利益アップってしない訳なんですよね。

 

そうすると、今度はどうなるのかと言いますと。

歯科医院の利益があまり出ていないということで、従業員さんの立場からすると、当然「待遇があまり改善されない」という状況になります。

でも、その割には忙しいという形になっちゃって、“従業員さんの満足度が下がってくる”訳なんですよね。

 

そうするとですね、従業員さんって、自分が「働きがいのある職場」だと思っていないと、なかなか「患者様のために頑張ろう!」という気持ちが芽生えないんですよね。

そうすると、従業員満足度の低下と連動してですね、“患者様満足度も悪くなってくる”訳なんですよね。

こういったですね、“負のスパイラル”みたいなものがあります。

 

なので、この“7つの弱点”が存在することによって、8つの集患方法を選んでしまうと、“忙しいわりに儲かりにくい歯科”に、どうしてもなってしまうんです。

 

“忙しいのに儲かりにくい”状況は、ある意味で仕方がない

正直、ほとんどの歯科がこういった集患方法を選んで、“忙しいわりに儲かりにくい歯科”になってしまっているというのは、ある意味仕方ない部分がありまして。

 

というのもですね、ほとんどの書籍・WEBサイト・セミナーでは、この8つの集患方法を推奨している訳なんですよね。

だから、歯科経営者さんが8つの集患方法を選んでしまうっていうのは、ある意味、必然な訳なんですよね。

 

なので、歯科業界全体として、こういった状況になってしまっているのは、仕方ない部分があります。

 

7つの弱点が存在する理由

じゃあですね、この良くない状況を改善していきたいんですけども、どうすればいいのか。

 

“口コミ”“立地”“看板”“チラシ”“内覧会”“ホームページ制作”“予約サイト”“SNS”ですね。

この8つの集患方法がなぜ “7つの弱点”を持っているのか。

この“7つの弱点”がなぜ発生してしまうのか。

この理由をまず明確にしないことにはですね、なかなか改善策は出てこないと思います。

 

ですので、この「7つの弱点が存在する理由」について、次回の動画でお話していきたいと思います。

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

次回の記事

忙しいのに儲かりにくい歯科医院《1つの盲点》
https://jihong-park.com/1つの盲点/

 

無料動画セミナーへの登録はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です