お金儲けは悪じゃない!歯科の売上は患者様の感謝の気持ちと比例しています

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

あなたは、いつからか「金儲けをする奴は悪い奴だ」という考え方をもっていませんか?

実は、この考え方をもつ日本人はとても多いです。

でも、お金を儲けることはそんなに悪いことでしょうか?

今回は、お金を儲けることの本当の意味についてお話します。

 

目次

 

動画でご覧になる方はこちら

 

日本に蔓延する『金儲け=悪』という考え

日本というのは不思議な国で、なぜか国民の中に『金儲けをする奴は悪い奴だ』という認識があります。

確かに、人を騙して金儲けをするような輩(やから)は言語道断。

明らかに『悪い奴』でしょう。

でも、仕事をしてお金を稼ぐなんて当然のことです。

むしろ、働いている人はみんなお金のために働いているとも言えます。

何も「お金だけのために働いている」と言っているのではなく、目的の大半はお金ですよね?という話です。

やっぱり、みんな「頑張った分だけ報酬は欲しいし、評価されたい」と思っているのではないでしょうか。

でも、「報酬を多くもらう」ということは、言い換えれば「金儲けをしている」とも言えますよね。

そう考えれば、『金儲け=悪』なんて本当に意味不明な考えだということが分かってもらえるのではないでしょうか。

 

儲けている歯医者=多くの患者様に感謝されている

これまでにも、「だれかの役に立っているからこそ感謝の気持ち(謝礼)をいただける」という話をしてきました。

『歯科経営にも役立つ!成功する人の特徴②共通する8つの法則がある』を参照

歯科経営にも役立つ!成功する人の特徴②共通する8つの法則がある

 

歯医者で言えば、『売上額=患者様からの「ありがとう」の量』ということです。

つまり、儲けている歯医者は多くの患者様に感謝されている、ということ。

反対に言えば、儲けていない歯医者は患者様に感謝されていないのと同じ、ということです。

これからは、たくさん報酬をもらったって罪悪感を抱く必要なんて全くありません。

むしろ、罪悪感を抱くくらいならもっと患者様のためになることを考えてみてくださいね。

 

お金は無いよりたくさんあった方が良い

これまでの人生において、お金がなくて苦労したという経験はありませんか?

世の中には貧困層もあれば富裕層もありますが、幸せの価値観は人それぞれです。

お金がなくても幸せだと言う人もいれば、お金はあるけど不幸だと言う人もいるでしょう。

ただ、『お金を持っている人にしかできないこと』というのは現にたくさんあります。

 

お金がないと『幸せ』は確保できない

『幸』という漢字の土台には『¥』があるように、人の幸せは基本的に「ある程度のお金がないと確保できない」とも言えます。

マズローの欲求5段階説を知っていますか?

これは心理学では有名な説ですが、人間の欲求は5段階層のピラミッドのようになっていて、1段目の欲求を満たすことができれば2段目を、2段目の欲求を満たすことができれば3段目の欲求を満たそうとする、と言われています。

※参考元:

商売はマズローの欲求5段階で◯段階の人をターゲットにすれば上手く行く

http://setsuyaku.ceo/post/2381/商売はマズローの欲求5段階で◯段階の人をターゲットにすれば上手く行く

 

1番下にあるのが『生理的欲求』、2段目は『安全欲求』、3段目は『親和欲求』です。

『生理的欲求』とは、生きていくうえで必要なことを指します。

例えば、

・食欲

・睡眠欲

・排泄欲(性欲)

など。

そして、これらの欲求が満たされると次に『安全欲求』を満たそうとします。

『安全欲求』とは、衣・食・住の安全を確保したいという欲求です。

人は、ここまでの2段の欲求を満たすことができて初めて3段目の『親和欲求』(愛されたい、仲間が欲しいという欲)を満たしたくなります。

つまり、人として本当に幸せを感じながら生きていくためには、まず『生理的欲求』と『安全欲求』を満たす必要があり、そのためには最低限の『お金』が必要ということです。

『幸せ』とは、決して綺麗事でまとめられる感情ではないということがよく分かりますね。

 

感謝を患者様に還元すると、さらに感謝される

もう1つの『お金を持っている人にしかできないこと』は、お金を患者様に還元することです。

例えば、儲けたお金を使って最新の治療機器を新たに導入したり施設の内装を綺麗にしたり、または患者様からの要望が多かったサービスを取り入れることもできるでしょう。

また、昇給によってスタッフのモチベーションを上げることも結果的には患者様へのサービス向上につながります。

このように、患者様に還元することで患者様の満足度も上がり、また感謝される量が増える→また患者様に還元する、という好循環を作り出すことができればクリニックは安泰です。

でも、はじめから患者様に感謝されていない歯医者の場合はその逆で、クリニックはどんどん衰退していくことが予想できます。

また、儲けたお金を患者様に還元しないで院長の懐(ふところ)だけが潤っていくクリニックも同じです。

感謝には感謝でお返しをすることは、繁盛への一番の近道とも言えるでしょう。

 

おわりに

患者様やスタッフなど、クリニックに関わる全ての人たちに幸せになってもらうためにも、まずは自院でしっかり儲けを出すことが大切です。

そのためには、実践で使える経営ノウハウをしっかり学ぶ必要があります。

経営の基本については、『歯科経営者必見!大学や歯科部では教えてくれない経営学「基本のき」』というコラムを参考にしてみてくださいね。

歯科経営者必見!大学や歯学部では教えてくれない経営学「基本のき」

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です