歯科経営者にオススメの著書・サイト・雑誌の神セブン

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

歯科医院を開業して成功するためには、経営者自身が継続的に勉強することが不可欠です。

しかし、「何をどう勉強したら良いのかわからない」と悩んでいる院長さんが多いのも事実。

そこで今回は、朴智弘オススメの「歯科経営に役立つ著書・サイト・雑誌」を7つご紹介します!

 

動画でご覧になる方はこちら

 

朴智弘による独断と偏見で選ぶランキング!

どうもこんにちは。

歯科専門のWEB集患に強い経営コンサルタント、朴智弘でございます。

今日はですね、“歯科経営者にオススメの著書・サイト・雑誌”、このようなテーマでお話していきたいと思います。

 

まず、最初になんですけども、今日のお話は、もう完全に“朴智弘の独断と偏見”です。

なので、「そういう意見もあるんだな」っていう形で、それくらいで解釈してほしいんですけども。

もし、購入されるのであれば、あくまで事前リサーチの上で、自己責任でお願いできればな、と思っています。

では、早速ランキングに入っていくんですけども。

 

第7位 お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

まず、第7位はですね、こちらですね。

“ダイレクト出版”さんの“お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方”。

この本が、第7位でオススメになります。

オススメポイントとしてはですね、たとえばホームページとかFacebook、Twitter、SNSですよね。

こういうものを使って、情報発信して、それで患者様を集めるっていう、そういう戦略をとられている歯科経営者さん、多いんですけども。

一方で、大多数の方が、うまくいってないじゃないですか。

そういうですね、「情報発信してるけど、なかなか集客に繋がっていない」という悩みを持たれている方に、ぜひ読んでほしい本になります。

この“コンテンツの作り方”系の本は世の中にいっぱいあるんですけども。

一方でですね、役に立つ本っていうのが、少ないんですよ。

私個人としては、この本が1番クオリティが高いんじゃないかな、と思っています。

 

第6位 アポロニア21

では、次に第6位なんですけども、第6位はこちらですね。

“日本歯科新聞社”さんが発行している、“アポロニア21”っていう雑誌になります。

“日本歯科新聞社”さんっていうのはですね、歯科系のメディアで唯一、厚生労働省の記者クラブに所属している、まあ新聞社さんになるんですけども。

その“日本歯科新聞社”さんが、歯科経営者向けに発行している情報誌になります。

オススメポイントとしてはですね、メディアの方が取材ベースに書いた記事になりますので、シンプルに“信憑性がある情報”っていうところが、まずオススメです。

後はですね、こういうですね、雑誌に取り上げられる情報っていうのはですね、“ニュース性がある情報”というのが、やっぱり掲載されやすい傾向にあります。

なので、王道の歯科経営のやり方とか、そういう情報じゃなくてですね、結構珍しい手法とか、そういうのが載っているんですよね。

なので、そういった点で、新しい発見という意味では、“アポロニア21”、大いに役に立つんじゃないかなと思っています。

 

第5位 キミアキ先生の企業酔話

次に、第5位なんですけども。

第5位はですね、“キミアキ先生の企業酔話”っていうYouTubeチャンネル。

これがオススメです。

このYouTubeチャンネルはですね、歯科医院専門じゃないんですけども。

とはいえ、歯科経営者さんにとっても、大いに役に立つような情報がありますので、今回ランキングに入れました。

オススメポイントとしてはですね、こういう情報発信をしている方っていうのはですね、結構いろんな制約の中で情報発信していますので、本音ベースではなかなかお話しないんですよ。

なので、建前上の話ばかり、要するに、つまらない、役に立たないって、まあそういう情報になるんですけども。

“キミアキ先生の企業酔話”に関しては、逆にですね、「そこまで言っちゃって大丈夫なの」みたいな、そういう情報がいっぱいあるんですよ。

なので、そういった点で、歯科経営者さんにめちゃくちゃ役に立つんじゃないかな、と思っています。

 

第4位 手紙を書いてマスコミにPRする方法

第4位はですね、こちらになるんですけども。

これはですね、“坂本宗之祐さん”というですね、元読売新聞の記者さんで、今はプレスリリースのコンサルタントをされている方なんですけども。

この方が書きました、“手紙を書いてマスコミにPRする方法”っていう、本になります。

プレスリリースをして、それでメディアに取り上げてもらって、それで自分の歯科医院の認知度をアップしようって、そういう戦略をとられている歯科経営者さん、多いんですけども。

実はですね、プレスリリースって「メディアを自分の宣伝に使っちゃおう」みたいな、そういうあざとさがですね、結構記者さんにバレちゃっていて。

なので、ほとんどのプレスリリースって、実はゴミ箱行きなんですよね。

プレスリリースを記事として取り上げてもらうコツとしてはですね、自分の仕事に対する思いとか、或いは、社会を良くしたいという真摯な思いですよね。

そういった部分を、うまく記者さんに伝える必要がある訳なんですよ。

なので、そういった書き方であったりとか。

後は、不特定多数の人に一斉にプレスリリースを送るよりかは、特定の記者さんに向けてですね、手紙でプレスリリースを送っている方が、実は取り上げてもらえる確率が高いということで。

そういった情報がですね、いろいろ書いてる本になります。

なので、プレスリリースを活用したいっていう方に関しては、この本、オススメになります。

 

第3位 WHITE CROSS

第3位はですね、“WHITE CROSS”っていう、歯科医師さん、歯科衛生士さん、歯科技工士さん向けの情報サイトになるんですけども。

このオススメポイントとしては、“アポロニア21”と同じ点がまずありまして、それは、単純に“信憑性が高い情報”が載っているっていうところが、オススメになります。

後は、“アポロニア21”さんと違う点としては、あくまでウェブサイトなので、好きなタイミングで好きな情報を読めるという、そういう気楽さがありますよね。

後はですね、歯科医院の開業・経営。

これの基本的な知識に関しては、大体“WHITE CROSS”で入手できるんじゃないかなと思いますので、そういった点でオススメです。

 

第2位 億万長者の不況に強いセールス戦略

第2位に関しては、こちらですね。

“ダイレクト出版”さんの、“億万長者の不況に強いセールス戦略”っていう、本になるんですけども。

この本の内容としてはですね、たとえば、そのテレアポとか飛び込み営業みたいな形で、自分からお客様を追いかけて、それで無理やり契約に繋げるっていう、そういう追いかけるタイプの営業マンじゃなくて。

逆に、お客様の方から、「あなたの商品を買いたい」って形で指名される、お客様から必要とされる営業マンを目指しましょう、ということで、その方法がいろいろ書いてる訳なんですよね。

歯科医院においてもですね、患者様を追いかけるタイプの、オラオラ系の歯科医院よりも、患者様から必要とされる歯科医院を作っている方が、はるかに長期安定的に黒字経営しやすいんですよ。

なので、そういった形でですね、患者様から選ばれる歯科医院を作るっていう点では、参考になる情報がいろいろ書いてあるんじゃないかなと思っています。

 

第1位 Yahoo!知恵袋

最後に、第1位はですね。

実はですね、“Yahoo!知恵袋”になるんですよ。

何がオススメなのかと言いますと、もちろんですね、“Yahoo!知恵袋”内に書いてある情報が、全て役に立つ訳ではありません。

使い方のコツとしてはですね、“Yahoo!知恵袋”にアクセスして、歯医者関連のキーワードで検索するじゃないですか。

そうすると、いろんな歯医者の口コミっていうのが、バーッて出てくるんですよ。

その中でも、良い口コミに関しては、ステマの可能性が高いのであんまり役に立たないんですけども。

逆に、悪い口コミに関しては、まあ大多数が本当のことを書いてる訳なんですよね。

なので、この“Yahoo!知恵袋”内に書いてある悪い口コミっていうのを、1個1個読んでいくとですね、「どういったことをすれば、患者様に嫌われるのかな」っていうのが見えてくる訳なんですよ。

その見えてきたものと全く逆のことをすれば、当然、患者様から好かれる歯科医院を作ることができる訳なんですよね。

そういった形で、“Yahoo!知恵袋”を活用すれば、結構、勝ちやすい歯科医院を作れるんじゃないかなと思っています。

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です