歯科で利益アップしつつ労働時間を減らす考え方②:ターゲットを変える

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

歯科業界の一般的な集患方法のいずれかを選んで集患すると、“忙しいわりに儲かりにくい歯科”になってしまいます。

理由は、これらの集患方法は「保険診療の患者様」を多く集めてしまい、客単価が低くなり、一方で治療数は増えるから。

この状況を改善するための考え方は2つあり、その内の1つは「見込み患者様が来院する前に事前教育する」というものです。

しかし、この考え方には「即効性がない」という弱点があります。

そこで今回は、即効性のある『もう1つの考え方』について、お話します。

 

前回までの記事一覧

歯科の一般的な集患方法が抱える7つの弱点
https://jihong-park.com/7つの弱点/

忙しいのに儲かりにくい歯科医院《1つの盲点》
https://jihong-park.com/1つの盲点/

歯科で利益アップしつつ労働時間を減らす考え方①:事前教育
https://jihong-park.com/考え方1/

歯科の見込み患者様を「自由診療を受ける気満々」にする2つの方法
https://jihong-park.com/2つの方法/

 

動画でご覧になる方はこちら

 

前回までの復習

どうもこんにちは。

歯科医院経営の専門家、WEB集患に強いコンサルタントの朴智弘でございます。

 

以前から、動画を7回に分けて“自由診療の患者様を上積みして、労働時間を減らしつつ、利益をアップする方法”、こういったテーマで、お話しているんですけども。

今回は、その第5回目になります。

テーマは、“歯科で利益アップしつつ労働時間を減らす考え方②”、このようなお話をしていきたいと思います。

 

まずは、前回までの復習です。

前回までの動画では、“歯科業界で一般的によく選ばれている8つの集患方法”というのがあるんですけども。

これらの集患方法は、“7つの弱点”を実は持っていて、そのせいで“忙しいわりに儲かりにくい歯科医院”になってしまっているんですよというお話をしました。

と言うのも、これらの集患方法を選んでしまうと、「保険診療を受けたい」とか、「保険なのか自由診療なのかで迷っています」っていう、こういう人たちばかりを集めてしまう訳なんですよね。

なので、客単価が低くなって、一方で、治療する患者様の数っていうのが増えますので、“忙しいのに儲からない歯科”になってしまう。

 

この状況を改善するための考え方っていうのが、2つあるんですけども。

その内の1つが、“見込み患者様が来院する前に事前に教育して、「自由診療を受ける気満々」の状態に先に持って行って、その後に来院していただきましょう”という考え方をお伝えしています。

これを実践する方法が、“コンテンツマーケティング”、或いは“YouTube動画マーケティング”になります。

 

ただですね、この事前教育する方法に関しては、1つ大きな欠点がありまして。

それが、“即効性がないんですよ”とお話しています。

 

“自由診療を受けたいと既に思っている人”にアプローチする

今日はですね、この“即効性がない”っていう点も考慮しまして、事前教育以外のですね、“労働時間を減らして、利益アップする考え方”ですね。

この2つ目の考え方を、お話していきたいと思います。

 

早速、その考え方なんですけども、これはですね、“自由診療を受けたいと既に思っている人”。

ここに向けてですね、アプローチしていきましょうというお話になります。

“自由診療を受けたいと既に思っている人”っていうのが、一定数いる訳ですので、最初からそこをですね、ターゲットに、アプローチしていきましょうというお話です。

言い換えるとですね、“事前教育がそもそも必要ない人”。

ここに向けて、アプローチしていきましょうという考え方になります。

 

このお話をするとですね、よく言われるんですけども。

それは、「“自由診療を既に受けたいと思っている人”にアプローチすれば、自由診療の患者様が増えて、客単価も上がるし、その分、患者様の数を減らすこともできるということで、それは“労働時間を減らして利益をアップする”ことはできると思うけども、そんなの当たり前じゃん」っていう形で、反論される訳なんですよね。

 

誰がターゲットになっていますか?

ただですね、ここで立ち止まって、よく考えてほしいんですけども。

「あなたの歯科医院では、本当に“既に自由診療を受ける気満々の人”に向けて、アプローチできていますか」という話なんですよ。

 

と言うのも、80%以上の歯科で選ばれている8つの集患方法ですね。

具体的には“口コミ”、“立地”、“看板”、“チラシ”、“内覧会”、“ホームページを作って放ったらかし”、“予約サイト”、“SNS”。

これらの集患方法では、実はですね、“自由診療を受けたいと既に思っている人”だけがターゲットにはなっていないんですよ。

というのも、これらの集患方法は「保険診療を検討している人も目にする」ものですよね。

なので、ターゲットになっていないっていうことは、“自由診療を受けたいと既に思っている人”に、全然アプローチできていない訳なんですよね。

つまり、保険診療の人にたくさんアプローチしてしまっている、ということです。

 

だから、これらの集患方法を選ぶと、「保険診療を受けたい」とか、「保険診療なのか、自由診療なのかで悩んでいる」っていう、そういう人たちばかりが集まってしまう訳なんですよね。

なので、結果的に客単価が低くなって、治療する患者様の数を増やさないといけないという、そういう形になってしまいます。

 

保険も自費も競争率は同じ

もちろんですね、こういった“事前教育が必要ない人”っていうのは、少数派なんですよ。

もちろん、少数派なんです。

ただですね、一方で、“自由診療を受けたいと既に思っている人”だけに向けて、アプローチして集患しているという歯科医院もですね、少数派なんですよね。

なので、要するに、結局、保険診療をターゲットにしようが、自由診療をターゲットにしようが、競争率はほとんど変わらないんですよ。

 

でも一方で、実際に来院された後の“利益率”、“利益額”、後は“労働時間”ですね。

この辺には、大きな差がある訳なんですよね。

なので、どうせ同じ競争率なんだったら、“自由診療を受けたいと思っている人”をターゲットにしている方がですね、当然、利益も上がりやすいし、労働時間も減りやすいですので、こっちの方がいいですよね、って話なんですよ。

 

なので、“コンテンツマーケティング”なり、“YouTube動画マーケティング”なりで、“事前教育する方法”っていうのも、ぜひ実践してほしいんですけれども。

それと同時にですね、“自由診療を受けたいと既に思っている人”をターゲットにアプローチしていく。

こっちもですね、ぜひやってほしいなと思っています。

 

即効性がある

この“自由診療を受けたいと既に思っている人”にアプローチする方法なんですけども。

これって要するに、“事前教育が必要ない人たち”なので、事前教育する分の時間が短縮される訳じゃないですか。

なので、割と早い段階で、来院してくださる方たちになるんですよね。

なので、この方法って、要するに“即効性がある考え方”になるんですよ。

ここがね、1つ大きなメリットになります。

 

“自由診療を受けたいと既に思っている人”にアプローチする方法とは?

じゃあですね、具体的に、“自由診療を受けたいと既に思っている人”にですね、どのようにアプローチしていけばいいのかって話なんですけども。

このアプローチする方法についてですね、次回の動画でお伝えしていきたいと思います。

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

次回の記事

今すぐ歯科の自由診療の新患を上積みする1つの方法
https://jihong-park.com/今すぐ上積み/

 

無料動画セミナーへの登録はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です