歯科医院ホームページに必要なSEO対策

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

こんにちは!歯科大インターン生のE・Aです。

歯科医院のホームページを運営している歯科医院も多いと思いますが、ホームページを運営する上で「検索順位」と呼ばれるものを意識していますか?

検索順位を上げることで、歯科医院のホームページは、より多くの患者に見てもらえるようになります。

しかし、ホームページの検索順位を上げるための「SEO対策」をしっかり取っていない歯科医も少なくありません。

 

今回は、歯科医のホームページ運営で役立つSEO対策についてご紹介いたします。

 

リンクを増やすだけのSEO対策は逆効果

SEO対策とは「検索エンジンの最適化」とも呼ばれていて、基本的にはGoogle対策になります。

日本の検索サイトと言えば、YahooとGoogleが主流ですが、Yahooの検索結果はGoogleの検索結果を反映させるようになったため、Googleに対する対策がとても重要になってきました。

【参考】SEO対策とは~初診者でも分かるSEOの知識

 

激変!SEO対策」という記事によると、今までは自分の医院ホームページがどれだけリンクされているのか(被リンク)が重要であったが、最近になってGoogleがアクセス数を重視するようになったため、SEO対策業者に依頼してリンクを買うことが無意味になってきたと警告しています。

 

無意味どころか、不自然に被リンクが多いと、Googleからマイナス評価をされてしまい、医院のホームページの検索順位が劇的に落ちてしまうことも珍しくありません。

では、どのようなSEO対策をすれば、医院のホームページはアクセス数が増えるのでしょうか。

 

※朴智弘の補足

正確には、アクセス数重視ではなく「コンテンツ重視」です。

 

全てのユーザーにとって有益な情報が検索順位を上げる

ホームページを一から院長自身が組み立てて運営している歯科医院もありますが、多くは専門の業者にホームページ作成を依頼していることが多いですよね。

その中で、院長自身ができるSEO対策の一つに「検索キーワードに応えるページを作る」ことがあげられます。

 

歯科医院(歯医者)のサイトでSEO対策を考えるコツ」という記事によると、歯科医院の場合は「地名 歯科」「地名 インプラント」のような、“地名+歯科治療”や、「最寄り駅名 歯科」「最寄り駅名 インプラント」のような“最寄り駅名+歯科治療”というキーワードを対策キーワードにすることが多いと紹介しています。

 

これらのキーワードで検索してくる見込み患者に対し、どれだけ有益な情報を与えることができるのかで、アクセス数は大きく左右されます。

 

例えば、「最寄り駅名+インプラント」というキーワードで検索されるように、検索キーワードを散りばめた記事を医院のホームページに掲載します。

ただキーワードを散りばめただけでなく、歯科医院の実際のインプラントの治療方法などを紹介していれば、患者も「こんな風に治療してくれるんだ」と安心して受診することができます。

 

有益な情報は患者を安心させることができる

アクセスされやすいように、歯科医院のホームページに繋がるキーワードで情報を掲載することで、患者は治療の内容をある程度理解することができます。

どのように治療して、どれくらい費用がかかるのかが事前に分かっているだけでも、随分安心することができますよね。

増患のためにも、歯科医院のホームページにSEO対策が必要であることが今回分かりました。

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です