患者様が歯医者を嫌いになる5つの理由

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

歯医者が嫌いな患者様は、歯科医師が思っている以上に多いものです。

「自分は患者様と真摯に向き合っているから大丈夫だ!」と思わないでください。

実は、患者様が歯医者を嫌いになるきっかけは、“歯科医師の不適切な対応が原因ではない”ことが多いです。

今回は、「患者様が歯医者を嫌いになる理由」を5つご紹介します。

 

動画でご覧になる方はこちら

 

歯医者さんが嫌いな人は61%!

どうもこんにちは。

歯科医院経営の専門家、WEB集患に強いコンサルタントの朴智弘でございます。

今日はですね、“患者様が歯医者を嫌いになる5つの理由”、このようなテーマでお話していきたいと思います。

 

それでですね、“歯医者が嫌いな患者様”って、歯科医師さんが思っている以上に、実は多いんですよ。

たとえばですね、ちょっとデータは古いんですけども、2013年6月のニフティニュースのアンケート調査がありまして。

それによると、「歯医者を好き」と答えた方が7%だったのに対して、「歯医者が嫌い」と答えた人はなんと61%もいたんですよ。

これだけ、圧倒的多数の人が「歯医者を嫌い」と思っている、一応そういうアンケート結果もあります。

 

ですので、今日は、患者様が何をきっかけに歯医者を嫌いになるのかをいくつかご紹介していきます。

それを参考にですね、逆に、患者様から好かれやすい歯科医院っていうのを、ぜひ作ってほしいなと思っています。

 

好かれやすい歯科医院になる5つのポイント

早速、まず1つ目なんですけども。

1つ目は、“痛い治療”ですね。

これですね、歯科医師さんからすると丁寧な治療だったとしても、痛みを感じている患者様からすると、「この人はなんて雑な歯科医師なんだ」と、そういう評価になってしまいます。

ですので、ぜひですね、“痛みがない・痛みが少ない治療”っていうのを、取り入れてほしいなと思っています。

 

2つ目はですね、“治療する時の音”ですね。

これが苦手な患者様は、結構いらっしゃいます。

ですので、“音が発生しないドリル”、こういうのを使用するだけでも他院と差別化できますので、こういったものもご検討してもいいんじゃないかなと思っています。

 

3つ目はですね、“歯科医院独特の臭い”ですね。

これ、「歯医者さんから発生している独特の臭いが嫌い」って、そういう患者様も結構いらっしゃいます。

ですので、たとえば“空気清浄機”とか、“消臭剤”とか、後は“アロマ”ですね。

この辺りで“匂い対策”をするのもいいんじゃないかなと思います。

 

4つ目はですね、“歯医者が怖いと感じている患者様”ですね。

これはですね、昔、たまたまクズな歯科医師に出会ってしまって、その歯科医師から怒られて、それで歯医者に通うのがトラウマになってしまった。

こういうパターンが、結構多いんですよね。

このパターンの患者様って、歯医者にあまり通わないので、口腔内の状態が悪いっていうパターンがほとんどなんですよ。

ですので、逆にですね、治療を受けていただけると、売上には繋がりやすい患者様になります。

ですので、そういった観点からも、普段から“患者様に安心感を与えるような歯科医院”を作っていただくと、こういった患者様も取り込んで、より利益が上がりやすくなるというメリットがあります。

ぜひ、“安心感を与える歯医者さん”を目指してほしいなと思っています。

 

5つ目はですね、“嘔吐反射”ですね。

要するに、口の中に機械を入れられると、オエッとなっちゃう。

その症状が、強い患者様なんですけども。

こういった、“嘔吐反射”の患者様でも、治療を受けられるような“麻酔を用意する”のも良いんじゃないかなと思っています。

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です