【歯科経営者は必見!】あの日経新聞が簡単に無料で読める方法とは

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

経営者なら日経新聞を読んだ方が良いとは知っていても、月に4,200円(年間で約5万円)の購読料は馬鹿になりません。

でも、実はそんな日経新聞の記事を無料で読む方法があります。

今回は、日経新聞を無料で読む方法についてのお話です。

目次

動画でご覧になる方はこちら


 

電子タイプ新聞のメリット・デメリット

日経新聞には、新聞紙として発行されているタイプと電子タイプ(Web版)があります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、電子タイプの最大のメリットはリアルタイムで読めるということです。

新聞紙も昔よりスムーズに印刷されるようになってはいるものの、最新のニュースをリアルタイムで発信できるネット情報に勝る速さではありません。

さらに、いつも持ち歩いている端末さえあれば読めることやゴミが出ないこと、クリックするだけで読みたい記事を検索できることもメリットですね。

デメリットとしては、ネット環境によっては受信できなくて読めない場合や端末の大きさによっては読みにくい場合もありますし、テレビ欄などの“記事以外”の情報が掲載されていないことなども考えられます。

日経新聞を無料で読む方法

では、月額4,200円の日経新聞(電子タイプ)を無料で読むにはどうすれば良いのでしょうか?

その方法は、丸三証券のネットサービス『③(マルサン)トレード』に口座を開くだけ!

驚くほど簡単ですよね。

『③(マルサン)トレード』に口座を開くと、『日経テレコン』という“ニュース読み放題”のサービスが無料で使えるようになります。

『日経テレコン』では、当日の新聞だけではなく過去1年分の日経新聞の記事も検索できるのが嬉しいポイント!

さらに、「日経産業新聞」や「日経MJ」も読み放題です。

③トレード:http://www.03trade.com/index.html

日経テレコン:http://telecom.nikkei.co.jp/

Q.本当に無料なの? A.無料です

「結局は丸三証券にお金を払うことになるんでしょ?」と思った人もいるかもしれません。

でも、安心してください。

証券口座をもっているだけならコストはかからないですし、口座開設の手続きも簡単です。

さらに、株の売買をする必要もありません。

本当に“ただ証券口座を開くだけ”でOK!

「日経テレコン21」で記事を読む方法

実際に新聞を読むには、まず「③(マルサン)トレード」にログインして、次にトップページにある「日経テレコン21」をクリックします。

すると、ニュース記事がたくさん出てきますので、あとは選んで読むだけです。

右上にあるメニューの中から「記事検索」を選べば、「日本経済新聞朝刊」「日本経済新聞夕刊」「日本産業新聞」「日経MJ」「日経地方経済面」「日経プラスワン」の記事を検索できます。

さらに、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年の中から選択すれば、好きなだけさかのぼって(最大1年)過去の記事を検索することも可能です。

字が小さくて読みにくい場合は、端末を横向きにして読むと良いでしょう。

また、端末の設定で文字サイズ自体を大きくしてしまうという手もあります。

無料で読むその他の方法

実は、日経新聞の電子版に無料会員登録をするという方法があります。

ただし、この方法だと月に読める記事は10本までです。

たったの10本なんて、本当に興味がある人なら1日で終わってしまう可能性もあるでしょう。

また、「楽天証券」や「大和証券」で口座を開いても「丸三証券」と同じように無料で「日経テレコン21」が使えます。

ただ、「楽天証券」で「日経テレコン21」を利用するためには専用のアプリをダウンロードする必要があるようです。

さらに、「大和証券」では過去3ヶ月分しか記事検索ができないとのこと。

そう考えると、アプリ不要で1年分の記事検索ができる「丸三証券」がオススメですね。

おわりに

いかがでしたか?

日経新聞は、世の中の流れを把握するには大いに役立つツールです。

どうしても紙のタイプが良いという訳でないのなら、ぜひ無料の口座開設を検討してみてくださいね。

念のために…私は丸三証券さん、楽天証券さん、大和証券さんとの利害関係は一切ございません。

こちらご安心ください。

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です