これが秘訣?成功している経営者がプライベートで実施している事2つ

投稿日: カテゴリー: 歯科経営

はじめに

同じように毎日を過ごしているハズなのに、経営がウマくいっている人とそうでもない人がいます。

実は、そんな両者にはプライベートの過ごし方に大きな違いがあることをご存じですか?

今回は、成功している経営者がプライベートで実施していることを2つご紹介します。

目次

動画でご覧になる方はこちら

他店の欠点について考える

ラーメン屋さんなどの飲食店に行ったときに、店員が愛想ないなぁ、トイレが汚いなぁ、お札の向きくらい揃えて渡せよ、などと思ったことはありませんか?

普通は、そういう欠点を見てしまうと「もう来るのやめよう」などと思う人が多いですが、成功している経営者たちは「このお店はどうしたらもっと良いお店になるだろう」と考えます。

これこそが、成功できる人とできない人の違いです。

人は自分の欠点には気付かない

成功している経営者は、プライベートで訪れたお店に目立つ欠点がなければムリヤリにでも洗い出し、どうしたら改善できるか?と考えます。

一見すると他人のお店について考えることは何のメリットもないように見えますが、経営者にとってはとても大事な習慣です。

実は、人には「自分の欠点は見え辛い」という欠点があります。

自分を不快にする他人の余計な行動にはすぐ気づくのですが、相手を不快にさせてしまっている自分の行動には気づきにくいのです。

そこで、成功している経営者はそんな人間の習性を利用して、他院や他店の欠点から自院の改善ポイントを探し出そうとしている、というわけです。

他店の欠点から自院を改善する

では、先ほどの例でもう一度考えてみましょう。

先ほど、ラーメン店には「受付の愛想がない」「トイレが汚い」「お札の向きを揃えていない」という欠点がありました。

これは歯科医院にも共通して言えることなので、自院に戻りチェックしてみてください。

もしきちんとできていなければ、スタッフに指導する必要があります。

このように、たとえ全く関係がないように見える業種でも“他店の欠点を自院のことに置き換えて考えて、改善できることを探す”というのはとても大切なことです。

しかもプライベートの何気ない瞬間にそれに気付くことができれば、それは時間を有効に活用していると言えます。

ただボーっとラーメンが出てくるのを待っている時間と比べると、大きな違いですよね。

私の実感値では、これをやっている経営者はやっていない経営者の3倍ほど速いスピードで成長しています。

TTP(徹底的にパクる)

成功している経営者が実施していることの2つ目は、相手の長所を発見して真似することです。

人気の理由をパクろう

例えば、数ヶ月の予約待ちホテルや、行列が絶えない人気サロンなどに行ったことはありますか?

もし行ったことがないなら、ぜひ足を運んでみてください。

そして、人気の理由を探し出し、何か自院でも真似できないか?と考えてみると良いですね。

悪い部分は1つでもあると困りますが、良い部分はいくつあっても困りませんよ。

高級店でパクろう

さらに、高級ホテルや高級レストランにも行くことをオススメします。

なぜ高級な所が良いのかと言うと、一流の施設で一流のスタッフによる一流の接客を体験できるからです。

もちろん、どこまでを真似するかはあなた次第ですが、自分がされて嬉しかったことを取り入れればきっと患者様も喜んでくれるでしょう。

高級なところに何度も行くことは難しいかもしれませんが、年に数回は自己投資だと思って利用してみてください。

おわりに

いかがでしたか?

成功している経営者は、プライベートでも常に経営のことを頭の片隅に置いてアンテナを張っています。

これが、成功している経営者とそうではない経営者の最大とも言える違いです。

小さなことのように見えますが、実はとても大きな違いですのでぜひ今日から実行してみてくださいね。

 

では、今日は以上になります。

無料動画セミナーへのご登録、よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です